ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.5.14 07:04その他ニュース

「批判だけするな」という危険な空気

よしりん先生が批判している宮島茂樹の記事、
私も昨日読んで呆れ果てました。
なにしろ、「反権力を叫ぶと確かにかっこいい。
だが、世論調査を見ると、賛否は割れている」
なんて幼稚なことを平気で言っているのですから。

あまりにも呆れたので、ツイッターに

共謀罪が全くテロ対策になど
なってないことも知らんのか?
「反権力はかっこいいが」ってなんだ?
かっこいい悪いの話じゃないだろ!

と書いたのですが、そうしたら、

プロ中のプロのカメラマンの宮嶋茂樹を
プロ漫画アシスタントの時浦さんが
なじるというのは違和感を感じる。
自分で何も積み上げていない人間が
批判だけしてるように見える。

と批判してきたのがいて、
本当にへぽー―――んとしてしまいました。

「たかがアシスタントが言うな」という
露骨な差別感情は、香山リカにもたっぷり
いただきましたが、こういうのには
右も左もないのですな。

発言内容に対して批判するのではなく、
「プロ中のプロのカメラマン」に対して、
「アシスタント」ごときが
批判するなという差別暴言には、
もう言葉もありません。

しかし、こういう言い草は、
今の流行りです。
「批判だけするな」ってやつ。

橋下徹が切り札のように
「評論家は批判だけしていればいいが、
政治家は違う」
と言い続けて来たのが、
浸透してしまったのでしょう。

だがこれは単なる思考停止です。

もしプロスポーツ選手が
「解説者は批判だけしていればいいが
選手は違う、あんたも競技してみろ」
と言ったら、オシマイです。

プロはどんな批判も受けてこそプロであり、
批判するならお前がやってみろなんてのは、
言った時点でプロ失格の言葉です。
ですから、私は橋下があの言葉を言うたびに、
なんて恥ずかしい人だろうと思っていました。

ところが世間じゃどういうわけだか
逆に「批判」をするほうが
カッコ悪いと思われるようになっていて、
どんなに間違ったことをやっていようと、
何かを懸命にやっている人を批判しては
いけないという空気が作られています。

冗談じゃない!
誰だって、どんな素人だって、
批判すべきことはしていいし、
権力が明らかに
おかしなことをしていれば、
批判しなければいけないのです!!

政権がどんなにヤバイことを
やっているかを見もせずに、
とにかく何かやっているんだから
批判したらカッコ悪い!
…なんて空気がつくられていることは、
とてつもなく危険です!
トッキー

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ