ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.5.15 07:08日々の出来事

香山リカの面白い心理分析


香山リカの著作に「漫画家の小林よしのりさんと対談したん

です(中略)小林さんは大学を出ていない。それで、学問に

対する憎悪のようなものがあるわけです。」と書いている

らしい。

 

これって香山リカの心理や本性が読みとれて、凄く面白いと

思った。

 

大した大学は出てないから、別に高卒と思われようと、

中卒と思われようと構わないのだが、わしは学問には強い

憧れがあって、独学で相当たくさんの本を読んでいる。

 

そもそも「高校を出たら東京の企業に就職して、石森章太郎の

アシスタントを目指す」と言っていたわしを、担任教師が

職員室に呼び出して、「小林は大学に行け。大学に行って本を

読め」と説得したから、しょうがなく大学に行ったのだ。

 

ところが大学にほとんど通わず、自宅に閉じこもって貧血に

なるまで本を読み漁った。

学問は人に習う必要はない。

教師は古代から現代まで、世界中にいっぱいいるから、

独学で追及できるのだ。

 

わしの目から見れば、大学の教師って、全然本を読んでいないし、

そもそも読解力がない。

だから民主主義も分かってないし、憲法も理解していないのだ

と馬鹿にしている。

 

わしは自分がいっそのこと中卒だったら良かったのにと思う。

そうすれば、わしが天才だということを証明できたのに。

 

わしの読者が出版社に抗議したらしいが、香山の著作を訂正

なんてさせる必要はない。

面白いからそのままにしておけ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第92回

第92回 令和2年 10/11 SUN
14:00

テーマ: 「『コロナ論』が炙り出したもの」

INFORMATIONお知らせ