ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.5.24 02:58皇統問題

錯誤しまくる阿比留瑠比の女性宮家否定論

産経新聞で、論説委員兼
政治部編集委員の阿比留瑠比
と題する記事を書いているが、
いつものことだが、これがもう
どうしようもなく酷い。

この記事では、
女性宮家を創設したところで、
そこに婿入りする男性がいるのか?
と、特に強調していて、
ましてや、女性天皇が認められたら、
「いったい誰が、天皇の夫と
なろうと考えるだろうか」
というのだ。

男性宮家に嫁入りする女性、
男性天皇の妻になる女性はいても、
女性宮家に婿入りする男性、
女性天皇の夫になる男性は
いるわけがないと、
無条件に信じきっている、
むき出しの男尊女卑だ!

脳髄の芯まで男尊女卑に取りつかれている、
毛穴の一つ一つにまで男尊女卑が
しみわたっている、
決して海外の人には見せたくない、
恥ずかしい、恥ずかしい日本人だ!!

女性宮家が創設されれば、女性皇族の
結婚は制約され、難しくなるとか言うが、
それは、男性皇族だって同じことで、
今上陛下も、皇太子殿下も、
ご結婚までには大変なご苦労を
されたことを、知らないのだろうか?

「仮に配偶者が現れたとしても、
その男性が皇室伝統の破壊者だとか、
皇室の簒奪者と批判されることさえ、
ありえないとは言い切れない」
などと阿比留は心配しているが、
民間人初の皇太子妃となった
美智子さまが
散々「皇室伝統の破壊者」
批判されたことや、
雅子さまが「小和田王朝になる」などと
「皇室の簒奪者」呼ばわりされて
バッシングされたことも
覚えてないのだろうか?

たぶん、頭が悪すぎて、
覚えていないのだろう。

女性宮家が創設され、
民間からお婿さんが皇室に入っても、
大部分の国民は歓迎し、
国民と皇室の紐帯に亀裂が入る
ことなどないと、私は確信する。

ただ、阿比留のような
尊皇気取りの馬鹿がバッシング
するだけだろう。

そもそも、女性宮家に
婿入りする人がいないと言うのなら、
将来、女性皇族が全て民間に下った後に、
次世代の皇族として
たった一人残った悠仁さまに、
絶対に男子を産まなければ、
皇室が消滅するという重圧を覚悟で
嫁入りする女性がいるだろうか?

そっちの方が、遥かに、
絶望的に困難ではないか!!

ましてや、「旧皇族の男系男子」で
皇族になる人物なんて、どこにいるんだ!?
そんなもん、宇宙人よりも
存在確率は低いぞ!!

非現実的なことを言っているのはどちらか。
「一度切れた歴史はつながらない」
などと言いながら、
歴史を断ち切ろうとしているのは、
どこの誰か。

それは、間違いなく
阿比留瑠比の方だ。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ