ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.5.26 06:59日々の出来事

木走とかいう者の虫並みの無知


木走正水とかいう知らん奴が、わしのブログ

「共謀罪ではテロは防げない!」に文句を言ってる

のだが、ネトウヨだろうか、あまりにオツムが弱い。

 

そもそも、木走は「共謀罪」が「テロ等準備罪」

であり、テロ防止効果があるものだと信じ切って

いるらしい。

凄いな。全く脳を使っていない。

まるで金田法務大臣以下の脳みそだ。

 

他ならぬ政府が519日、衆院法務委員会の

強行採決を前に「共謀罪」の立法事実(なぜこの

法律を作るのか)についての答弁を転換してしまい、

「TOC条約締結だけがこの法律の必要性だ」

と言ってしまったことなど、こいつは当然知ら

ないのだろう。

 

TOC条約は、テロ防止とは何の関係もない。

シチリア州のパレルモ市で調印されたマフィア対策

のための条約だ。

こんな基本的なことも木走とかいう虫は知らんの

だろう。

政府は、既に「共謀罪」はテロ防止のために制定

するのではないと答弁しているのだ!

 

しかも木走は、「まず法律で明示したからといって

犯罪をゼロにすることはそもそも不可能でしょ」

と、わけのわからないことを言う。

そんな当たり前のことを、何を居丈高に言って

るんだ?

「共謀罪でテロをゼロにすることはできないから

反対」なんて、誰も言っていない。

共謀罪とテロ防止は関係ないと言っているのだ!

こんなこともわからないとは、アニサキスも
びっくりの虫だな。

 

木走虫は、さらに馬鹿げた反論を繰り出している。

共謀罪がない日本は報道の自由度72位で、

共謀罪があるイギリスは40位だから、

(木走は38位と書いているが、正しくは40位)

「少なくとも共謀罪のあるイギリスのほうが

共謀罪のない日本より報道の自由度ランクが上位

なんですけど、これは論理破綻していませんか」

というのだ。

この馬鹿は、「報道の自由度ランキング」が

「共謀罪の有無」だけで決まると思っているようだ。

 

日本は、記者クラブ制度によって、フリーや

外国記者が冷遇される構造や、調査報道の不足、

メディアの自主規制があり、

特に第二次安倍政権以降はメディアのトップが

安倍首相と会食して取り込まれてしまい、

高市早苗の「電波停止」発言などの圧力が

繰り返されて報道が委縮してしまったために、

共謀罪がない現在でさえ72位という有様なのだ。

これで共謀罪が導入されたら、もっともっと

ランクを下げるだろう。

 

それに引き換え、イギリスはまだ報道機関が機能

しているから、「共謀罪」があっても40位なのだ。

 

こんなアニサキス以下の馬鹿に応援されて、

監視社会を作り出す以外には何の効果もない

「共謀罪」が成立させられようとしているのだ。

酷い国だね。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ