ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
切通理作
2017.5.28 02:02

守るべき「国体」は残っているのか

いよいよ次回道場の締め切りが迫ってきました。

生前退位の問題から共謀罪まで、民進党の馬淵さん、山尾さんとお話が出来ます。

 

もちろん、前者の問題における民進党の健闘、そこに対するねぎらい、意義の捉え直し、今後に積み残された事の整理は必須です。


後者の問題も、政府がここまで国民の権利を侵害し、さらに守ろうとする「国体」はどこにあるのかということと結びついてきます。

それは原発再稼働ともかかわってきます。外部からの攻撃に対してもろいエネルギー政策をやめず、天皇の意志すら踏みにじる政府が、国民に守らせる「愛国心」に実体はあるのでしょうか。

 

時間が許せば聞いてみたい、話をしてみたいと思うのは、憲法改正についてです。

僕には、国体を見失ったいまの安部政権である間は、手を付けてほしくないという思いがあります。

 

しかし、そうはいっても、改憲論議に参加しないことには、ご退位の問題同様、安部政権の都合のみによって動かされる危険がある。そのあたり、どのように考えていくのがいいのか、頭を揉んでみたく思います。

 

一見口当たりのいい「教育の無償化」も、憲法に盛り込むことは果たしていいのかどうか。

前回山尾議員と一緒にゲストにおいでくださった細野議員は、雑誌「中央公論」に発表した論考で、政権が変わって政策が後退する可能性がある以上、憲法に盛り込んだ方がいいと主張しています。

僕はその点に関してはちょっと疑問があります。

そんなことを言っていたら、世の中のすべてのことを憲法の条文にしなければならなくなるのではないか。

 

「教育の無償化」の財源をどうするかとか、いまの法律の枠内でどの程度のことが出来るのかなどに立ち入ると、私にはまだまだわかりません。ただ、次の時代を担う子どもたちを大切に思う国民の気持ちは、憲法に新たに書き加えなくても、もしそれがないなら、もう国として意味がないのではないかと思います。


「公の為に~生前退位と共謀罪~」

平成29年6月11日(日)午後2時 から
『人事労務会館』 にて開催します。

「人事労務会館」
(住所:東京都品川区大崎2-4-3 )は、
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン・りんかい線
『大崎駅』 の 北改札口 を出て左へ、
「西口」 側の左階段を降りて、徒歩3分です。

毎回、会場の場所が分からず迷われる方が、多くいらっしゃいます。

人事労務会館のHPにて、場所をよくご確認の上、ご来場下さい絵文字:重要
(HP掲載の、駅から会場までの地図を印刷し、持参されることをオススメします )

詳しくは、 “ こちら ” でどうぞ。

6月11日開催「ゴー宣道場」
『公の為に~生前退位と共謀罪~』と題して
テレビではできない深い議論を行なう。
ゲストに民進党馬淵澄夫議員山尾志桜里議員
迎えて開催する。

世間ではいまだに民進党を馬鹿にしておけばいいとしか
思ってない短絡脳の者ばかりだが、安倍政権・自民党の
知性ゼロの政治家群に比べて、民進党には良質な政治家が
着実に地力をつけてきている。

特に「生前退位」と「共謀罪」に関しては、自民党との
差が歴然としているので、馬淵・山尾両議員との議論は、
「公の為に」戦う者の気概を見せてくれるだろう。

応募の締め切りは5月31日(水曜)だ。
熱く、熱く、語り合おう!

当日、道場の入場料は、お一人様1000円です。


参加ご希望の方は、このweb上の申し込みフォームから申し込み可能です
絵文字:重要絵文字:パソコン

上 ↑ のメニュー「道場参加申し込み」もしくは下 ↓ の申し込みフォームバナー(画像)
クリックして、申し込みページにお進み下さい絵文字:よろしくお願いします
入力必須項目にご記入の上、お申し込み下さい絵文字:重要絵文字:メール

申し込みフォーム

お申し込み後、記入されたメールアドレス宛に「申し込み確認メール」が届きますので、
ご記入内容に間違いがないか、よくご確認下さい。

※「申し込み確認メール」が届かない方は、以下のような原因が考えられます。

・迷惑メール対策サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている
・着信拒否サービスを利用していて、「ゴー宣道場」からのメールが着信拒否の対象となっている
・ドメイン指定受信を利用していて、「gosen-dojo.com」のドメインが指定されていない
・セキュリティソフトやメールソフトで迷惑メール対策をしていて、 「ゴー宣道場」からのメールが迷惑メールと判定されている

reply@gosen-dojo.com」からのメールを受信できるよう再設定をお願い致します。

「申し込み確認メール」が届かない場合、当選メールも届かない可能性がありますので、
ご注意ください絵文字:重要


申し込み〆切後、当選された方にのみ「当選メール」を送らせて頂きます。

当選された方は、道場当日、
その「当選メール」をプリントアウトの上、会場までご持参下さい。
プリントアウトができない方は、当選メールの受信が確認できるもの
(携帯電話、タブレット等)をお持ちの上、ご来場ください。

 道場参加申し込みフォーム

応募〆切 は 平成29年5/31(水) です。

当選通知の送付は、応募〆切後になりますので、しばらくお待ち下さい絵文字:よろしくお願いします

皆様からの多数のご応募、お待ちしております絵文字:重要絵文字:晴れ

切通理作

昭和39年、東京都生まれ。和光大学卒業。文化批評、エッセイを主に手がける。
『宮崎駿の<世界>』(ちくま新書)で第24回サントリー学芸賞受賞。著書に『サンタ服を着た女の子ーときめきクリスマス論』(白水社)、『失恋論』(角川学芸出版)、『山田洋次の<世界>』(ちくま新著)、『ポップカルチャー 若者の世紀』(廣済堂出版)、『特撮黙示録』(太田出版)、『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)、『地球はウルトラマンの星』(ソニー・マガジンズ)、『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)、『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』(宝島社)、『本多猪四郎 無冠の巨匠』『怪獣少年の〈復讐〉~70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ