ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.6.12 11:13皇統問題

柴山昌彦首相補佐官が「礼節」の政治家だって!?

旧宮家系男系男子で
新たに皇族になる対象者が
「確かに二桁」いると、
国会議員の責任において断言した
柴山昌彦・首相補佐官
その後もツイッターの更新は
していますが、「二桁いる」というのは
自分で確かめたのかという
私の問いには
依然としてダンマリで
トンヅラを決め込んでいます。

私は昨日はゴー宣道場で忙しく、
ツイッターも見れなかったのですが、
今朝、自分の@ツイートを見てみると、
昨日は数名のネトウヨが
しつこく絡んできており、
これに私のフォロワーが応戦して、
大荒れになっていました。

一方の柴山議員は、
鳩山邦夫元法相の一周忌法要に参列し、
兄の鳩山由紀夫元総理と
顔を合わせた際のことを、
「予算委員会で厳しい質問もしたが、
今日は互いに礼…」
とツイートしていたのを支持者に絶賛されて、
ご満悦でリツイートしていました。

法要の席で鳩山由紀夫に「売国奴!」

なんて言う奴などいるわけないし、
礼を交わすくらい当たり前なのに、
それを
わざわざツイッターに書いて
「いい人」アピール、それに
まんま反応する
支援者(たぶんネトウヨ)、
そしてそれにまんま喜んでる
柴山首相補佐官。

なんだかセコイっちゅーか、
いじましいっちゅーか・・・


本当に礼節をおろそかにしない、
誠実な政治家ならば、これほどの再三再四の
問いに対して、無視し続けるはずは
ないのですがねえ。

そういや、柴山議員は
こんなリツイートも
していました。

NHKの世論調査では、
女性宮家の創設に反対しているのは、
たった7%なんですけど。

しかしまあ、
ネトウヨ支援者の絶賛だけを見て悦に入り、
都合のいい情報だけに目を向け、
取り巻きのネトウヨ以外の声は
国民の声とは思っていないこの態度、
安倍晋三にそっくりです。
さすが、あの親分にしてこの子分ありです。

こんなナメきった
礼節のかけらもない男には、
追及の手を決して緩めません!
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ