ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.6.16 14:50ゴー宣道場

第64回「ゴー宣道場」アンケート回答1


64回「ゴー宣道場」は馬淵澄夫議員と山尾志桜里議員を

ゲストに迎えて、天皇退位「特例法」と、共謀罪の問題を

議論した。

参加者のアンケートを紹介して、コメントしよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆馬淵議員の話に聞き入ってしまいました。テレビで薄笑い

を浮かべながら、軽々しく言葉を口にしている自民党の議員

とは、何て差なのか。言葉の重みが違う。

良いお話しを、沢山聞けて良かったです。

山尾議員も、お話しは面白いのに筋はしっかり通っている

から、聞き応えがあります。

色々大変だと思いますが、本当に頑張って欲しいです。

応援しています!!

(東京都・40歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

両議員への好意的な反応がほとんどでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆冒頭の馬淵さんのお話しは大変感動しました。

昨年の陛下のお言葉、そこまで読み取っておられたのかと、

私も馬淵さんのお話しで初めて気付くことがありました。

こんな尊皇心の厚い方が民進党にいらっしゃったことを

知りませんでしたが、大変有難く、頼もしく思いました。

私がイライラしながら過ごしていた間にも、民進党の方々

がそこまでの大変な努力をして下さっていたことに頭が

下がるばかりです。本当に感謝します。

(長野県・38歳女性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

よく粘ったものだ。民進党の方が尊皇派だった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆『特例法』の報道では気付いてませんでしたが、ちゃんと

後へ続く布石を打っていた事に驚きました。

民進党、そして馬淵議員に対して素直に感心しました。

まだまだこれから! ならば、まだまだ見守り、勉強しなけ

ればいけないと考えました。

(埼玉県・45歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は女性宮家だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆そもそも日本国憲法はおもにGHQが作ったものだから、

皇族関係のところは変えてもいいと思うのですが…。

皇室の方々の言論の自由はないので、私たち国民が気持ち

をくみとらないといけない事がわかりました。

皇族方は私たち国民によりそってくれているので私たち

国民も気持ちをくみとらないといけないです。

(広島県・13歳女性・中学生)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まさにその通りです。

こういう素朴な常識を持つ子がどんどん育ってほしいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆陛下のお気持ちを無視する保守派「尊敬」していなくて

天皇の名を「使っている」だけだということは大事です。

「血統のみを尊敬している人がいる」という話は勉強に

なりました。

(東京都・29歳男性・学生)米国人

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

真面目に日本を勉強して、天皇制のことまで知ろうとする

外国人は大歓迎です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆議員の先生方の圧倒的な存在感を感じました。

「言葉には魂がある」「言霊」というのを感じとる事が

出来ました。

また、3文字入れるのに3日かかるという精密な議論を積み

上げる過程を知れて見直しました。

やはり、政治家はすごいですね。

(東京都・41歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

馬鹿な政治家もいっぱいいるんです。

馬淵・山尾両議員は質が高いのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆秋篠宮の「皇太子にはならない」発言の重さに驚きました。

少々簡単に考えすぎておりました。

今後の皇位継承に大きな影響があるんですね。

何かできる訳でもありませんが、問題意識だけは持ち続け

たいと思います。

(神奈川県・50歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

秋篠宮さまが「皇太子として育てられていない」と仰る

なら、当然、天皇になる教育は受けてないわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森師範の「(女性宮家・女性天皇等について)皇室の

方々が一番、諦めておられない」と、小林師範の「天皇という

大変な役目を、やっていただいている」という言葉に非常に

ハッとさせられました。

生涯かけて想像を絶する負荷のかかる天皇の仕事を、

それでも国民のために続けようと考えて下さる皇室の方々の

存在は、非常に有難く、同時に申し訳なく感じました。

(神奈川県・32歳男性・ネットワークエンジニア)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

男系固執・劣化保守は、天皇の気持ちなど考えてもいない

でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆山尾議員の共謀罪に対しての姿勢と発言に心打たれました。

自分で「偏執的に」と断りながらも、議事録そして歴史に

残るように戦っている旨の発言は、バランスの取れたもの

だと思います。

そして、「あきらめないことが次の議論につながる」

「明るく前向きな姿勢は、どんなときも重要」という発言は、

とても感激を受けました。

(群馬県・36歳男性・アルバイト)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

美人で優秀で闘争心があって、明るい。いい女だよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆小林先生が第1部で「既に私達は何を秘密にされているか

分からない。もう慣れてしまっているかもしれないよ」と

おっしゃったことが印象に残り、急に少し恐ろしい気持ち

が湧いてきた。

(兵庫県・42歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民は全体主義にだって慣れるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆よしりん先生がロシアや中国の例を出しながら、無意識

に公共空間が狭められる話は、政権批判をするとまずいと

言うことを常に感じている現役自衛官として、すごく共感

できました。

政権批判、政治批判はまずいという暗黙の了解が職場内に

出来上がっているため、たとえ職場の宴会の場などで

あっても決して政治等の話はまずしませんし、仮にやった

とすると、場の空気はとても微妙なものになります。

(青森県・41歳男性・自衛官)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なるほどなあ。自衛官の公共空間は狭いだろうな。

官僚にしても、日本国内でも職種によっては狭められている

公共はある。

それが国家まるごと縮減した公共空間だったら、窮屈に

感じるだろうと思うが、実は慣れるんだよな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆山尾議員の「諦めない姿勢」に勇気と元気をもらいました!
共謀罪への反対について「遅きに失した」と諦めかけていた

小林よしのり先生を、よーしゃなく叱咤し、奮い立たせた話が

面白かったです。
山尾議員は「男を強気にさせるイイ女」だと思いました()
(大阪府・37歳男性・製造業 経理)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女に励まされたら元気が出るもんだな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆質疑応答の部分から白熱した議論に発展し、非常に面白

かったです。

小林先生の「天皇を論じる時はリベラルの人が必要」の発言は

目からウロコでした。

(大阪府・41歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リベラルから見れば、男系固執は異常者だからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆山尾議員が指摘されていた、「大変な宿命を背負ってもらっ

ているのだから、せめて『男子を産まなければ』という

重圧だけでもなくしてさしあげようよ」という点は、

本当にそのとおりだと思います。

「天皇論 平成29」を読んでから、一層そう思うように

なっています。

(神奈川県・36歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間ならそう思うよな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆高森師範のお話から、天皇陛下、皇太子殿下及び

秋篠宮殿下が意見を一つに安倍政権と戦っていることが

よくわかりました。

平成を生きる国民全員が歴史に問われているのだと思います。

平成の国民は、天皇陛下の願いを叶えてさしあげるか、

叛逆するか。

2部の最後にあった血統の議論をもっと掘り下げる

時間が欲しかったです。

私は、天皇や皇族の血統も重要だと思いつつ、小林師範の

いう部落差別を生むような血の論理(優生思想?)には

反対です。 自分なりに考えていこうと思います。

(埼玉県・39歳男性・司法書士)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

思想的に深めてみなければならない問題はあるんだよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ