ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.6.17 23:32日々の出来事

AKB48選抜総選挙について


AKB48選抜総選挙を見たが、スピーチが一番良かった

のは荻野由佳、わしも推してた子だ。

真剣に努力してきた子の言葉の重みが凄すぎて、涙を抑え

きれなかった。

 

その次に良かったのは高橋朱里

須藤凜々花の「結婚宣言」を堂々と批判して、「ファンの

気持ちや、名前を呼ばれなくて涙を流していったメンバー

の気持ちを考えると、本当に胸が痛い」と言った。

わしは高橋朱里のファンになった。

 

そして岡田奈々が良かった。

「スキャンダルネタで這い上がるメンバーがいてもいいが、

自分がそれをマネしていいとは絶対思わない」と断言した。

「真面目にやってもてっぺんがとれると信じるし、まっすぐ

頑張ってる人が報われるグループに変えていく」と言った。

岡田奈々、再びファンになった。

 

それから渡辺麻友、引き際のいい見事な卒業だ。

プロ中のプロのアイドルだった。

ただ、残ったAKBグループの中に、まゆゆほど研ぎ澄ま

された「ザ・アイドル」はいない。

一般人に無条件に浸透した「聖なるアイドル」のイメージ

を誰が引き継ぐのか?

AKBグループのダメージは大きいと思う。

 

本間日陽、高倉萌香、中井りか、加藤美南、西潟茉莉奈、

NGT48の躍進は予想通りだが、ここまで凄いとは。

かとみなはもっと上げるべきだと思う。

 

市川美織、渋谷凪咲が入ってホッとした。

今年は「結婚宣言」で大荒れになったが、来年は誰かが
「妊娠宣言」するだろう。
再来年は「不倫宣言」か「離婚宣言」かな?
NMBのメンバーは、あんな大舞台でファンを裏切った
メンバーに「おめでとう」なんて、言っちゃダメだよ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ