ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.6.26 22:00

信なくば…

『論語』に「信なくば立たず」という言葉が出てくる
顔淵第十二篇)。

孔子に門人の子貢が「政治の要諦」を尋ねたやり取りの中に、現れる。

孔子は、政治に大切なものを次の3つだと述べる。

「食物を満ち足らせ、兵備を不足なきように整え、
人民に国の政治を信頼させること」
藤堂明保氏の現代語訳による)と。

これらから1つだけ残すとすれば、
それは“信頼”
だと孔子は断言する。

「信なくば立たず」と。

『論語』には様々な現代語訳がある。
私の手元にあるのは、下村湖人、
金谷治、木村英一、藤堂、
加地伸行など諸氏のもの。
この箇所については、宮崎市定氏の現代語訳が最も端的だろう。
以下の通り。

「人民に信用をなくしたら、それはもう政治ではない」。

ちなみに下村氏の現代語訳ではー
信がなくては、政治の根本が立たない」と。

いずれにせよ、『論語』のこの一節は、
自ずと現在の安倍政権のやり方への最も痛烈な批判になっている。
にも拘らず、先頃、安倍氏本人がこの言葉をしたり顔で口にした。
これには、驚いた。
厚顔無恥も極まれり、と言うべきか。
それとも意味が分かっていないのか。

あるいは、天性の嘘吐きか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ