ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.7.7 04:06日々の出来事

民進党を侮辱する「SAPIO」を見返せ!


86日の「ゴー宣道場」に民進党の枝野幸男議員が

ゲストとして参加してくれる。

マスコミ各社もこれを甘く見ない方がいい。

枝野氏は民進党の憲法調査会・会長として、重大な発表を

してくれるだろう。

 

民進党の中には、「9条擁護派」がいるから、どうせ無難な

考えしか言わないだろうと高を括っていたら、相当驚くと

思う。

そもそも当日は井上達夫氏が出るのだから、あいまいな

護憲論を言っていたら、ボコボコにされてしまう。

 

誰も民進党に期待していない、この状況をぶち破るには、

それなりの覚悟が要る。

安倍晋三の「おのれのレガシーづくり」だけの「9条擁護」

「自衛隊明記」という「左翼的加憲」にエセ保守どもは

大賛成している。

 

まさに、「9条補強化」「戦後レジーム固定化」「米国の永久

属国宣言」としての安倍政権の「加憲論」に、民進党が

対案を出さなければ、もはや民進党は崩壊してしまうだろう。

 

枝野議員は民進党の命運を賭けて、「ゴー宣道場」に出席

することになる。

 

SAPIO」に9条改憲について、山尾志桜里VS小林よしのり

の対談を載せてくれと頼んだが、編集長に「民進党は信用

しない」と断られた。

百田尚樹やケント・ギルバートは信用しても、民進党は信用

しないと言うのが、「SAPIO」である。

この侮辱を民進党の議員たちは忘れてはならない。

 

本当に民進党は解党すべきだでいいのか?

都民ファーストが民進党に代われるほどの実力があるのか?

今、どん底のどん底にいる民進党を、わしは見捨てていない。

民進党よ、変われ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ