ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.7.13 11:05政治・経済

民進党までネトウヨ暴力に加担してはならない

今日、民進党・蓮舫代表の
定例記者会見があって、
戸籍公開については
「差別主義者・排外主義者に言われて
公開するようなことがあってはならない」
とした上で、政治家としての説明責任のため
極めてレアなケースとして、
「すでに台湾の籍を有していないことが
分かる部分」
を18日に
公開すると表明しました。

その会見をネット生放送で見ていたのですが、
ネトウヨのコメントがウザくてたまらんかった!
つくづくこいつら最低だと思いました。

ここで、私のツイッターに
在日三世のフォロワーの方から
連続ツイートをもらいました。
これは、ぜひ紹介させて
いただきたいと思います。



道場のブログで小林先生が
民進党のネトウヨ議員への怒りを書かれ、
その内容に100%同感です。
その三人によって蓮舫が
戸籍を公開することになれば、
ネトウヨ共が更に増長して、
在日三世である私自身や他の在日の人達への
攻撃がエスカレートするのは明らかです。

過日、私自身が在日三世であることを
告白し「在日特権はない」と発言したら、
ネトウヨに「〇〇の名前は戸籍上の
名前ですか?」と粘着質に聞かれました。
あげくには「戸籍を見せろ!」です。
で、戸籍を見せたらどうなるか?
その反応はゴー宣読者なら、
すぐわかるはずです。

蓮舫の問題は終わっています。
日本国籍を選択し、日本人アイデンティティ
に落ち着いたからです。
実は褒めてあげたいくらいなのです。
在日の私から言えば
「日本のために頑張ってください」
なのです。
日本の公のために尽くす道を選んだ蓮舫を
評価するのが筋なんではないでしょうか?

天皇退位問題で保守の道を突き進む
民進党で、粘着質に絡む議員が
いるのに唖然としました。
保守なら、日本が台湾を統治、
朝鮮を併合した歴史をご存知のはずです。
そして日本人と結婚した人も大勢います。
蓮舫の二重国籍の問題が出てきたならば、
歴史が真っ先に思い浮かぶはずです。

最近、私の父から韓国人だった
祖父の話をよく聞きます。 
祖父は「敗戦国民」が口癖だったそうです。
韓国併合で祖父は徴用で来日し、
日本を信じ、敗戦し、
戦後、日本国籍を剥奪され、
その後は山があり、谷があり、
「敗戦国民」の言葉は非常に重く、深く、
苦労が滲んでいると思います。

私は在日三世でも日本の公を受けて育ち、
日本の公のために尽くして死のうと思います。
在日の私達も暖かく見守り、祈ってくださる
天皇陛下のありがたさに涙が出てきます。
民進党はこの問題は
終わってると自覚してください。
そうでないと、民進党までネトウヨ暴力に
加担する結果になります。
(ハクスリーさん)



読んでて、思わず泣けてきました。
と同時に、ネトウヨって本当に
日本の恥だという思いを新たにし、
こいつらが日本人の誇りだ何だ
と言ってることに、
心の底から怒りが湧いてきました。

原口、今井、松原らは、
恥ずかしいと思わんのか!?
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ