ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.7.16 22:00

アベノミクスは成功したか?

安倍政権の最大のセールスポイントは、
その経済政策だったはずだ。

いわゆるアベノミクス。

これは成功したのか、どうか。

理論経済学(マクロ経済学、金融政策)が専門の
服部茂幸氏の評価は、こうだ。

アベノミクスの真実は単純である。
日銀の異次元緩和はデフレ脱却にも、実体経済の回復にも失敗した。
延べ就業時間は微減か、
横ばいである。
就業者の増加は、短時間労働者が増加したことと、
労働生産性上昇率がほぼゼロになった結果である」

輸出拡大なき円安は、円安インフレによって、
実質賃金と家計の実質所得を削減した。
それによって、
消費が停滞する。
こうして円安による経済回復のルートは途絶えた」

円安は企業特に輸出企業の利益を急増させた。
しかし、企業、
特に巨大企業は、巨額の利益を設備投資や賃上げに
回さず、
内部留保に回している」

ーズベルト大統領は、ニューディールの評価はスーパーリッチを
よりスーパーリッチにす
ることではなく、貧困層の所得を改善するか
どうかにあると述べていた。
筆者はこのーズベルトの基準をアベノミクスの評価に使いたいと
思う。
そして、
ーズベルトの基準にしたがう限り、
アベノミクスは失敗である」
(『偽りの経済政策―格差と停滞のアベノミクス』)

安倍政権の殆ど唯一の看板政策がこの結果。

それでも、まだ安倍首相に期待するのだろうか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ