ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.7.18 03:17日々の出来事

安倍政権に嫌悪感を持つ女性は賢い


ふしぎなことに最近、あちこちで褒められる。

安倍政権を批判しているからだ。

「以前は考えが違うと思っていたけど、今の小林さんは

すごく共感する」と人々が言うのだ。

明らかに雰囲気が変わった。

わしは一貫して安倍政権を批判していたのだが、今ほど

褒めてはくれなかった。

 

特に女性にモテる。

女性はワイドショーも見ているし、情報収集する時間が

あるから、安倍政権には生理的に嫌悪感を持っている。

その嫌悪感を共有できるから、女性はわしに好感を持つ。

 

男は気の毒だ。

労働に時間を取られ過ぎて、ワイドショーも国会中継も

見る余裕なんかない。

女性より情報の量が少ないから、まだ安倍政権に不支持

の割合が少ない。

 

「他に受け皿はない」というのが、彼らの考えだが、

支持率があるから、胡坐をかいて、横暴になるわけで、

支持率があるから、自民党内が全体主義になるのである。

さらに支持率があるから、マスコミは言論統制されて、

堂々と権力監視ができなくなるのだ。

 

支持率がなくなれば、あっという間にマスコミは息を

吹き替えし、自民党議員も堂々と政権批判を始める。

野党がダメだと思うなら、自民党内で政権交代を促す

という方法もある。

選挙の時期はまだ先だが、支持率が10%に近づけば、

安倍政権はもうもたないだろう。

 

しかし、産経新聞しか読んでない老人が、わしに対して、

「最近は朝ナマで左の席にばっかり座りますねえ」

などと皮肉を言いながら声かけてくるのだが、この老人、

イラク戦争のときも、産経寄り、小泉寄りで、わしに

「イラク戦争はテロとの戦いですからねえ」と、わしに

皮肉を言っていたのだ。

 

産経しか読んでない老人は、常にわしに皮肉を言って、

常に間違っていたという結果が出ている。

それで間違った自分を反省しないで、自分の意見を忘れて

平然としているのだから、もうボケに入ってるのだろう。

 

安保法制から共謀罪まで、延々と議論無視で採決強行を

続けてきた不満が、もうダムいっぱいに溜まっていたの

だが、これが森友・加計学園の縁故主義や、閣僚・議員ら

の不祥事の激震で、とうとうダム決壊!

支持率はダダ下がり、不支持率はうなぎ上り。

わしは女性にモテモテ。

そういう時代がやって来たようだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ