ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.7.20 22:00

嘘つき内閣

嘘つきは一般に、自分の嘘を簡単には認めない。

そんなことは普通の社会人なら誰でも知っている事実だ。
いや、
子供でも知っているだろう。

稲田防衛大臣はいよいよ窮地に追い詰められているようだ。

私は彼女が議員バッヂを付ける前から存じている。

だから、些か複雑な感慨を覚える。

それにしても、安倍首相がもっと早く更迭していれば、
彼女もここまでボロボロになることもなかった。
皮肉な話だ。

政府が獣医学部新設の告示をする2ヶ月も前に、
山本幸三国家戦略特区担当大臣が日本獣医師会に
加計学園に決めた
ことを伝えていた、と報じられた件も
限りなく“黒”に近い。

そう受け止めた国民が多いだろう。

獣医師会が公益社団法人として正式に纏めた議事録の内容を、
山本大臣が自分の「記憶」だけを頼りに否定しても、
誰も説得力を感じない。

しかもその議事録には、今治市や愛媛県の事業費の負担額について、
山本大臣の詳しい説明が記載されている。
獣医師会側が自分たちの思い込みを勝手に書いた」という
稚拙な弁明が通用するとは、とても思えない。
今治市や愛媛県の名前が出ていること自体、
加計学園を前提としたもの。

以前、

「嘘つきは政治家の始まり」

と嘯
いた人物がいたのを思い出す。

安倍内閣には嘘つきが何人もいるのか。

その中でも取り分けタチが悪いのは…。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ