ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.7.25 03:48ゴー宣道場

「ゴー宣道場」応募締め切りは明日だ


「第65回・ゴー宣道場」86日(日曜)、

14時から17時まで開催する。

テーマは9条に自衛隊って本気か!?』だ。

ゲストは法哲学者の井上達夫氏と、

民進党憲法調査会の会長・枝野幸男議員である。

 

参加申し込みの締め切りは726日(水曜)。

明日である。

 

安倍首相は今年の秋までに憲法改正案を憲法調査会に提出

すると言っているが、最近の支持率の驚異的な急落ぶりを

見ると、そもそも安倍政権に憲法改正の体力があるのか、

非常に疑わしい事態になってきた。

 

しかも安倍首相独走の改正案が、憲法9条の1項・2項を

そのまま残し、2項か3項に自衛隊の存在を明記するという

奇を衒った加憲論。

そんなアクロバティックな方法って、「本気か!?」

 

「ゴー宣道場」では、憲法改正について、どのように考える

べきなのか?

日本の安保体制はどうあるべきかについて考える。

 

だが、もはや現時点の緊急な案件は、民進党の行方なのかも

しれない。

 

86日の「ゴー宣道場」は、「9条削除論」を唱える

リベラルの権威・井上達夫氏と、

民進党の中で最もロジカルな枝野議員を迎えて、

議論を行なうが、民進党の浮上策をぜひとも提示したい。

 

参加申し込みの締め切りは明日、726日(水曜)である。

奮って応募してくれ!

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ