ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.7.26 00:31日々の出来事

無残!安倍晋三


閉会中審査の安倍首相の答弁は、もう無残としか言いよう

のない状態になった。

しょっちゅう二人でゴルフをし、食事をしていた「腹心の友」

加計孝太郎の学園が、獣医学部新設を申請していることを

今年の120日に初めて知った」というのは、そりゃあ

誰も信じない。

 

過去の安倍首相の発言では、とっくに知っていたことに

なっている。

313日の福島瑞穂議員の質問に応えた「構造改革特区の

説明資料に加計学園が候補となっていると記載されていた

というのは閣議決定までされている。

今さら答弁修正はあり得ないだろう。

 

もともと加計孝太郎は安倍の「ビッグスポンサー」なのだから、

何度も奢ってもらってるし、今回の「加計学園ありき」は、

加計の「収賄」に対する安倍の「利益供与」なのだ。

これは犯罪である。

 

あとはもう加計孝太郎と安倍昭恵を「証人喚問」で呼ぶか、

あるいは安倍首相が「辞任」するか、どちらか一つを選ぶしか

あるまい。

「証人喚問」か「辞任」か?

「腹心の友」と「妻」と「稲田朋美ちゃん」を守って自決する、

それしかないんとちゃう?

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ