ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.7.30 22:00

国の為に「死ねない」自衛隊の最高指揮官

以前、安倍安倍首相が関西方面の番組に出演。

国の為に死ねるか」と問われた。

「イエス」か「ノー」か、と。

その時、驚いた事に安倍首相は「分からない」と答えた。

死ねるか」否かの問いに、“どっち付かず”の答えはない。

死ねる」以外なら、それは「死ねない」という事。

勿論、テレビ番組でこんな質問をすること自体、いかにも軽薄。
でも、
安倍氏はそれを承知で出演したはず。
首相は言う迄もなく自衛隊の最高指揮官。
非常時においては、
自衛官に身の危険を顧みず、
国の為に挺身せよ、
と命令を下す立場。

だから、他の閣僚とは違う。

少なくとも首相と防衛大臣は、
国の為には「死を恐れない」
覚悟が欠かせない。
それは立派な事でも何でもない。
職務上、
当然の事。
でなければ、第一線の自衛官はやっていられない。
にも拘らず、安倍氏は「死ねない」と平然と回答した。
これでは自衛隊の最高指揮官失格だ。
つまり首相失格という事。
こんなだから、国防の重大事を担う防衛大臣の任命も
身内びいき」で平気。

憲法改正も(たとえアドバルーンでも)“自衛隊”加憲という、
自衛隊を「非軍隊」のまま、
永久に縛り付けようという考え方になる。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ