ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.4 00:49日々の出来事

「SAPIO」が隔月になると・・


SAPIO」が隔月発売になる。

2か月に一回しか出ないのだ。

小学館の全雑誌の部数減が影響したらしい。

 

出版不況で、どの雑誌も青息吐息だ。

雑誌や本が売れないから、カネを持ってる高齢者を狙うこと

になり、劣化保守のおっさん・じいさんの財布を当てにする

しかなくなる。

若者はスマホにカネ使うから、雑誌は読まない。

するとますます雑誌の質が下がっていく、冒険ができない

という悪循環だ。

 

隔月に伴い、『大東亜論』は24pに増ページになる。

だが、隔月で話の展開を見せるのは至難の業だ。

完結するまで続けられるかどうかが怪しい。

 

今後は一回の展開をもっと速くしなければならない。

キャラクターをじっくり見せながらという余裕がなくなる

かもしれない。

2か月分を一回で見せる高速漫画を作るしかないだろう。

 

どんなに高速にしても、『大東亜論』は2年じゃ終わらない。

明治以降の歴史に埋もれた、もう一つの日本人たちの戦いを

描いて、後世に残しておくことは重要な仕事だと思っていたが、

終わりまで描けるかどうか分からない。

とにかく今後は高速に描いてみるしかない。

 

『大東亜論』第三部「明治日本を作った男達」を読んでみたが、

観念がまったく違う時代に、民主主義を作ろうとした旧武士

たちの苦闘が、エンターティンメントをしながら、説得力を

もって描かれていると、あらためて満足した。

果たして続くか否か?   分からん。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ