ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.4 14:38日々の出来事

井上達夫氏は似非リベラルを炙り出す


『大東亜論』のわしのペン入れを終えた。クタクタだ。

明日、秘書みなぼんは原稿を取りに来てほしい。

 

土曜は、わしは道場の準備をしつつ、Special本の第3章に

取り掛からねばならない。

 

「報道ステーション」に井上達夫氏が出ていて、内閣改造後

の支持率が微増とはいえ、宿題が何も解決していないという

ことを手厳しく言っていた。

許してしまって、忘れてしまっては何もならないということを

ちゃんと言ってくれたので安心した。

民進党に喝を入れることもやってくれたし、本当に満足だ。

 

井上氏は「不正義」を許さない態度が素晴らしい。

最近の30代・40代あたりの言論人は、リベラルなふりを

しつつ、相対主義で「正義」・「非正義」の価値判断を揺るが

そうとする。

すると、自称保守やネトウヨと親和的になってしまい、

安倍政権擁護になってしまうのだ。

 

本来「保守」は、「正義」や「常識」を守らねばならない。

だが、今の自称保守は、安倍真理教になっているので、
「正義」を相対化し、
「常識」に反乱を起こす。

世論や支持率を馬鹿にしたがる点で、自称リベラルと、

自称保守&ネトウヨが同意見になってしまうのだ。

 
こういう価値紊乱主義と戦うのは大変だ。

真のリベラルとして、井上達夫氏が出てきて良かった。

似非リベラルが炙り出されて愉快である。

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ