ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.8.4 15:13

民進党議員は離党だの解党だのと、 軽々しく言うな!

結局、細野豪志議員
民進党離党かあ。がっかり。
それに関して、
ライジングコメント欄から
ご意見紹介です!



せっかく、安倍内閣の支持が
落ちているのに、民進党のあの
体たらくは何なんでしょうね。
結束どころか、代表引きずり下ろして、
離党だ、解党だなんて勝手なことを
言ってる。
しかも、細野氏は本当に離党しちゃった。
僕は少なからずショックを受けましたし、
そして、なにより腹立たしい!

勿論、彼にも葛藤はあったはず。
けど、どんな理由があろうと、
落ち目の党から出た人間は「裏切り者」
だと僕は見なさざるを得ません。

実は九州の設営隊には、民進党の
市議さんがいます。しかし、
地方の民進党の評価は厳しく、
どこに行っても、党の悪口を聞かされる、
すると、民進党の仲間たちも自信を喪失、
そして、彼には自民党からの誘いも
あったみたいですが、彼は強いものに
靡くのを良しとせずに誘いを断り、
今も民進党にいます。
この点はよしりん先生のブログにも
取り上げられました。

今でも民進党にいることは、
彼にとって困難を意味するでしょう。
しかし、その困難な道を敢えて選んだ
彼を僕は尊敬しますし、彼の選挙区に
住んでいないことが残念でなりません。

そして、これは断言できますが、
民進党はこうした彼ら地方の議員、
党員、支持者が支えています。
実際、曲がりなりにも全国に
候補者を擁立し、最大の野党で
いられるのも、彼らのサポート
あってこそでしょう。

だから、僕は言いたい。
中央の議員は地方の議員が
必死に支えている党を離党したい
だとか、解党したいだとか、
軽々しく言うな!!

尤も、民進党も元をたどれば、
社会党などの「裏切り者」の党です。
しかし、当時は小選挙区制となったばかり。
二大政党にそなえ、自民党の対抗軸を
作る必要があったのですが、
社会党はその役目を放棄し、あろうことか、
自民党と連立してしまった。
そんな中で政権交代が可能な党を
作る試みはたとえ、「裏切り」で
あっても評価出来るものです。

しかし、細野氏の「新党」には
彼の思惑のとおり、自民、民進に代わる
第三極となることは全くありません。
小選挙区制では、どうしても
二者択一となってしまい、
細野氏の「新党」のような小党が
その命運を保つのは非常に難しく、
実際、今までに幾つの党が出来て
潰れていったことか!
あの、強力な基盤を持っている公明党や
共産党までが自民党か民進党と
協力関係にあるわけだから、「新党」は
自民か民進に吸収されるだけでしょう。
そして、都民ファーストや維新との連携、
これも愚策で、どちらも肝心の
地方組織が脆弱!
大阪では強い維新も福岡では泡沫候補です。

中央の議員はもしかしたら、未だに
「政界再編病」にかかっているかも知れません。
しかし、前述のとおり、小選挙区制で
それはムリです。
民進党の議員はしっかりした地方の
組織があることを幸運に思い、
党の結束のもと、地道に国民の
信頼回復に努めるべきで、
それが結局は一番の近道なのです。
(daiさん)



暴風雨に遭い、破損しながらも
航海を続ける船。
この難局さえ乗り切れば、必ず
目的地に達することができるはずと
必死の補修作業を続ける船員たち。

それを尻目に、どうせこんな船は
沈むに決まっている、
もっといい船がどっかから
通りかかる
はずだと、
さっさと逃げ出すネズミがいても、
それは仕方のないこと。

でも、そのネズミが
この先どこへ行こうと、
これを信頼する人なんて、
いるんでしょうかね?
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ