ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.9 02:40日々の出来事

理作氏の信頼再構築の道


わしが理作氏にブログを書けというのは、「公的な問題に

関心がある」ことを門弟に知らしめるためだ。

社会問題に関心を持たないのなら、師範の意味がない。

 

「あの人には社会的な憤りが、自分よりないんじゃないの?」

と門弟や「ゴー宣道場」の支持者に思われたら、マズい。

文章力はあるのだから、とにかくブログで自分の見識を

見せろと、わしは言っているのだ。

 

倉持氏にその見識が十分あるのはもう分かっていることで、

行動してくれているのも知ってるし、法律家としての専門性

には信頼している。

ブログを書いてみようと思ったときは、とにかく短くね。

 

理作氏は、ブログはなかなか書かないが、ツイッターは頻繁に

やってるらしい。これはおかしい。

 

わしには「僕は目を使う仕事だからブログを書けない」と

言っていたが、よくわしに向かってそんなこと言えるなと

驚いた。

泉美さんには「アイヌ問題で炎上したトラウマがあるから、

ブログが書けない」と説明したらしい。

言い訳が人によって違っていたら、すぐバレる。

 

理作氏は泉美さんには、特別な複雑な濃密な悲しい歪んだ

感情を持っているから、妙に絡んでくる。

それが泉美さんにはウザいのだ。

理作氏の目標だった「コメンテーターへの道」も泉美さんに

先を越されたしね。

 

でも、「ゴー宣道場」の支持者は優しくて、理作氏のことを

批判的に言うと、結構庇う者が多い。

ある種の者たちには理作氏はとても人気がある。

 

わしにとっても、理作氏は全然違う世界を知っているので、

自分の視野が広がるから貴重なのだ。

まあ、グウタラで女好きでダメダメなところは、昔から

変わらない。

こういう師範が一人くらいいてもいいだろう。

活躍するときは必ず来る。

理作氏は新聞を読んでいるか?
一紙くらいは必ず読みなさいよ。
まさか新聞読んでないなんてことはないだろうな?

 

 

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ