ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.10 00:15ゴー宣道場

第65回「ゴー宣道場」アンケート回答1


65回「ゴー宣道場」は、民進党代表選に立候補した

枝野幸夫氏と、法哲学者の井上達夫氏をゲストに迎えて、

「憲法9条」に関する白熱した議論が行われた。

参加者のアンケートを紹介して、ひとことコメントしていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆枝野氏が代表選に出馬されると決まった時点で、

ゴー宣道場は欠席かな…と思っていたので今回リスクを

抱えつつも予定通り出席された心意気に拍手です。

井上氏との白熱した議論は難解な部分も多かったのですが

2人の熱量がすごすぎて引き込まれてしまいました。

朝ナマだとそれぞれの意見が途中で遮られてしまって、

発言している本人はもとより聞いている方も欲求不満に

なりがちなのですが、きちんと最後まで発言を聞けるのは

安心します。

(神奈川県・49歳女性・パート職員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

特に第一部の終わりは、とっくに時間オーバーだったので、

どこで切るか躊躇した。

コントロールするのが難しい回でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆井上先生の法令上の憲法論と枝野議員の現実的な政治上

の憲法論との違いが、とても興味深いものでした。

安倍的な自衛隊を加憲することは国益上もっともよくない

ことがよくわかりました。

(神奈川県・45歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国益よりも、安倍を守ることが最優先になった保守論客が

ここまで劣化するとはね。

猛烈に反対するかと思ったのに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆井上先生は痛快でメチャクチャかっこよかったです。

論理に筋が通っており、聞いていて壮快でした。

枝野議員は難しい立場ながら誠実に答えておられ、好感が

持てました。

国民の側の覚悟のなさが、枝野議員の答えの難しさに

繋がっているのだと感じます。

(大阪府・50歳男性・建設業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

同意です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆ほぼ、枝野さんと井上さんのマシンガントークで前回

よりも会場が熱く感じました。

応援しながらも、気になった所は指摘するスタイルは

さすが井上さんだと思った。

支持率が下がっている今、民進党がスピーディに対案を

打ち出し支持を回復すべきと仰ったところは全く共感

しました。

また、良い憲法なのに守ってない所は中国と同じという

件には確かに!!と感じた。

(茨城県・37歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

護憲は貫かねば、民進党は分裂するでしょう。

ある意味、民進党は運がいい。

安倍政権が最悪の加憲論を持ち出したからです。

国軍を持つ改憲案だったら、わしはそっちを支持せざるを

得なかった。

最悪よりも、個別的自衛権を強化する枝野案の方がいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆自分自身も政治について関心を持ったころは民主党政権

(菅元首相)時代で民主党のまとまりの悪さが印象深かった

ですが、民主党も良いこと(耐震対策等)があったことを

知っておどろきました。

(新潟県・21歳男性・農業生産法人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

21歳の原体験は民主党の崩壊からだからな。

民主党以前の自民党の政治には辟易するほど腐敗してたん

だけどね。

若者もヒナの時の刷り込み現象から離脱してほしいですね。

羽ばたけ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆民主党が安全保障のワク組みを尖閣、ミサイルetc

変えたというのは初めて納得。

民主党政権の成果「子ども手当」「高校一部無償化」

これはとても助かっていて大きな成果。

民進党は宣伝が足りない。もっとしっかりアピールして。

53歳女性)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

民進党もネット対策が必要だな。自民党にはあるからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   ◆九条の内容は、結局は米軍に依存してしまうことで

意味なくなってしまうんですね。

(埼玉県・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうです。九条=米軍依存です。

集団的自衛権の行使を認めた今、米軍との一体化は進む

一方です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆憲法があっても井上さんがおっしゃるように、解釈

しだいで都合のよいように曲げていてはダメだと思います。

アメリカから独立して、自らの憲法を新たに作るくらい

の話になったら国民も気合が入りますかね…。

(東京都・50歳男性・自営業)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

見えない占領が続いているからな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆井上達夫先生の歯に衣着せぬ発言と枝野議員の苦渋を

滲ませた発言が、それぞれの立場を表していて面白かったです。

井上先生のおっしゃることはもっともで、それに対して

出来るだけ誠実に応えようとする枝野議員の姿勢もよく、

二人とも好感が持てました。

枝野議員は憲法解釈で自衛隊は合憲と積み重ねてきたと

おっしゃってましたが、それって因習の積み重ねでは

ないだろうかと思いました。

今は合憲としても、将来の禍根にもなる危うさを孕んで

いるようで、不安が残りました。

(東京都・39歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最初のボタンを3つくらいかけちがっているから、

すごい恰好のシャツの着方になってるんだよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆いつもと違った白熱した回でした。

自分の立場がありながら参加してくださった、枝野さん

に感謝します。ぜひ党首になっていただきたい。

(東京都・48歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なってほしいね。脱原発だからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆憲法を巡る議論はポリティシャンではなくステーツマン

が行うものである、という言葉がとても深く印象に残りました。

党利党略で操って良いものではないことだと改めて理解しました。

(東京都・43歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正論が通らないのは、アメリカの庇護のもとにあるからと

いうのもあるけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆九条は違憲という立場に立って考えないといけないと思う。

枝野さんの言うことも分からないことはないが、合憲と

した時点でおかしな議論になる。

意見だから自衛隊を無くすではなく憲法を変えるという事

だと思う。

(千葉県・46歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう思う人が今後も出てくるのは仕方がないな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆枝野先生の「自衛隊を違憲という国会議員はいない」と

いう意見には驚きました。

ならなぜ安倍加憲案が出たのか謎ですが、そこが前提で

あれば9条改憲などいつになるのか…と絶望します。

(埼玉県・44歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いや、自主独立のための改憲はやらねばならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆枝野議員が、国防についてアメリカに頼っていては

いけない、自分の国は自分で守ると考えているのを知れた

のが良かったです。

井上先生は怒っておられましたが、枝野議員の言っておら

れることも分からなくはない気がするので、しばらく様子

を見たいと感じました。

井上先生を初めて見て、上品な雰囲気を出されているなと

感じました。それなのに、お話をされ始めると熱い! 

「朝まで生テレビ」で、筋が通っていないことを言っている

論者にブチぎれている姿を見てカッコいいと思っていまし

たが、話されている姿を直接見て改めてファンになりました。

枝野議員は慎重にお話をされていたと思うのですが、

あまりそれを感じず、丁寧にかつ適格にやり取りをされた

という印象です。

自民党・安倍政権が嫌になった人の受け皿になるには、

枝野さんが民進党のトップになった方が良いと思うので、

頑張ってもらいたいです。

(大阪府・32歳男性・エンジニア)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

賛成です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆印象に残ったのは小林先生の、有事の際は自衛隊は

米軍の統制下に入るからどうでもいいと考えてるだろう

の言葉です。

独立国としてそうならないように、自分達の国の命運を

自分達で決めることが出来るように、その為にも9条に

自衛隊の項目を加えるようなまやかしでなく、

しっかりとした法的な位置づけを行って欲しいと思いました。

(神奈川県・45歳男性・会社員)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

安倍政権、及び劣化保守の本音はそれです。

北朝鮮有事が迫っても、どうせ米軍まかせなのだから、

加憲でもいいわけです。

 

アンケート、もう一本あります。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ