ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.8.11 09:30

親切な独裁秘書官?

柳瀬唯夫氏(現・経済産業審議官)には何の恨みもない。

優秀有能で人柄の良さそうな官僚をネタにするのは、
正直に言って気が引ける。

しかし、平成27年4月2日の真実がいまだに覆い隠されたまま。

だから、取り上げざるを得ない。

この日、今治市の企画課長らと加計学園の事務局長が
「呼ばれて」
首相官邸を訪れ、安部首相の代理の柳瀬首相秘書官と
会った。

そこで柳瀬秘書官から
「(獣医学部新設について)
希望に沿えるような方向で進んでいます」
という有難い“ご託宣”
が下った。

関係者は「さすが加計さんだ、首相とも話ができるんだ」
と盛り上がった。
秘書官の発言は当然、
首相の意向を体していると、
誰でも考えるはずだ。

ここまでは、ほぼ確かな事実。

ところが、安倍首相は今年の1月20日まで
加計学園の計画を全く知らなかっ
た!とか。

それがもし嘘でなければどうなるか。

柳瀬秘書官は独断で加計学園関係者を官邸に呼び込んで、
何の根拠もなく「希望に沿える」と太鼓判を押した事になる。

官邸のガバナンスは一体どうなっているのか。

しかも、個人的には何の縁もゆかりもない加計学園に対し、
何という親切さ。

安倍氏は、そこに明白な嘘があるのを見抜け
ないほど、国民は愚かだと思っているのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ