ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.12 01:25日々の出来事

森友・加計問題をトヨタと一緒にする愚


全然眠れんから「朝ナマ」について書いておこう。

まず安倍晋三と会食した三浦瑠麗が、森友・加計問題は

大したことないと思っているのは知っているが、驚いた

ことに「トヨタはどうなんだ?口利きの現場を知らない

のか?」とえらそうに言っていたことに呆れた。

 

トヨタ自動車は政府に「口利き」して、円安誘導してもらっ

て儲けていると、三浦は思っているらしい。

それってトランプ大統領が、日本の自動車メーカーに文句

言ってた論理と同じじゃないか!いいのか?

 

これまでの日本政府が自動車産業を優遇してきたのは、

例えばトヨタに儲けさせれば、その傘下の中小零細企業まで、

すべてにトリクルダウンがあるという原理原則があったから

だろう。

それは多くの労働者に利益が滴り落ちてくるという時代が

あったからだ。

この原則はグローバリズムでもう成立しなくなっている。

 

いずれにせよ、トヨタ自動車は安倍晋三の「お友だち」に

よる「口利き」とは関係がない。

森友・加計問題は、「縁故主義」であって、傘下に多くの

労働者を産んだり、経済発展に資する「公」のための

「規制緩和」政策ではない。

特区制度に名を借りて、「規制緩和」を利用して、加計学園

だけに「規制強化」するという、歪められた行政なのだ。

 

あくまでも数十億の補助金や、私学助成金などの国税が

注ぎ込まれて、国の財産である土地を安倍の「お友だち」

にタダでプレゼントする政策であることを忘れてはならない。

 

森友・加計問題に関する重要テーマは、「縁故主義」「特区制度」

「規制緩和」「公務員の役割り」「行政文書の管理」等々、

多くの問題点を抱えている。

 

三浦瑠璃や、彼女の色気に惑わされた東浩紀などが、ひたすら

森友・加計問題を矮小化し、これを扱うマスコミや国民を

馬鹿にしているが、おまえたちこそ大馬鹿だと言っておく。

しかし、トヨタ自動車と同じだと思っているとは、三浦も

東浩紀も、それで東大出かよと言いたくなるほど馬鹿だな。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ