ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.12 03:03日々の出来事

支持率を無視できるわけねーだろ、バカヤロめ


ウーマンラッシュアワーの村本大輔が「内閣改造するだけで

上がるような人たちの支持率を信じて討論するべきか」

言ったのには驚いた。

これはエリート主義者の「愚民思想」で、お笑い芸人が言う

べき意見ではない。

 

これに食い付いたのがエリート主義者の三浦瑠麗である。

「支持率なんかどうせ愚民どもがマスコミに洗脳された結果

でしかないでしょ」とでも考えているのだろう。

安倍信者の三浦が、支持率を無視して「希望的観測」に陥る

のは、ネトウヨと同じレベルにまで堕したからだ。

 

支持率に関しては山本一太の方が冷静な分析をしていた。

安倍自民党を支える一員であるにも関わらず、山本一太、

「支持率は大事だ」というわしの意見に同調した。

案外公平な政治家なのかな。見直したよ。

 

解散総選挙という首相の重大なカードが失われてしまうのだ

から、支持率が大事なのは当たり前である。

解散総選挙ができない政権は、求心力を失う。

だからこそ、今まで全体主義だった自民党内から、自由な

発言をする議員が出てきているのだ。

 

このままでは、年内に支持率が上がることはないから、

解散総選挙すれば、自民党は膨大な議席を失って、大敗する

ことになる。

安倍政権は「死に体」になるのだ。

こんなことも分からない三浦瑠麗は安倍真理教の信者になって

いるからだろう。客観性を欠いている。

 

そして支持率を上げる突破口として、田原氏の甘言に乗った

安倍晋三が「訪朝」するか否か?

そして戦前の「謝罪」と、莫大な「賠償金」を土産にして、

安倍晋三は北朝鮮の「核ミサイル開発の資金」を与えに行く

のである。

売国奴!まさにこの名がぴったりな首相である。売国奴!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ