ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.12 12:44日々の出来事

Special本、第5章コンテに突入


昨日の朝から1時間しか寝ていない。

『ゴー宣Special』第4章のコンテを上げ、今は第5章の

コンテを描いている。

2日で一時間しか寝てないのに、なんで仕事がこんなに

はかどったのか不思議だ。

 

このSpecial本を完成させたら、しばらく『ゴー宣』を描く

ことはなくなる。

『おぼっちゃまくん』を描き下ろすつもりだ。

今度はギャグ、ギャグ、ギャグばかり描かねばならない。

 

しかし「朝ナマ」の議論と「ゴー宣道場」の議論は何で

こんなに違うのか?

憲法9条「加憲」の是非の議論を、昨日はとうとう全然

しなかった。

あんなに「ゴー宣道場」では盛り上がったのに。

 

「朝ナマ」では、自分の言いたいことは必ず遮られるし、

自分が伝えたいことをきっちり伝えることはできない。

あれは人間性を見せる場であって、論理を熟考する場では

ないのだろう。

かつて野坂昭如も大島渚も小田実も、何を言っていたか

ではなく、どんな雰囲気の人間だったかを覚えている

だけだ。

 

テレビというのは、演じようとしてもダメで、どうしても

人物の本質がにじみ出てしまう。

それを見た視聴者が好むか否かしかないので、わしは戦争

始まればワクワクするとか言ってしまう。

確かに他の番組で、米国が北朝鮮を攻撃すると聞いて、

「ワクワクする」なんて言えないだろう。

わしは差しさわりのない大人の言葉つきで話せないから、

どうしようもないんだな。

 

井上達夫氏は「ゴー宣道場」で「自分は5分黙っておく

ことができない」と言っていたが、大丈夫だろうか?

大変なストレスを感じているのではないか?

話したいことがあったら、倉持氏に伝えてほしい。

「ゴー宣道場」で場を用意するから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ