ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.8.15 12:21皇統問題

柴山総裁特別補佐の靖国行きは欺瞞そのもの!

今日は8月15日、終戦記念日。
テレビのニュースを見る度に
安倍晋三のお使いで靖国神社に
玉串料を支払いに行った
柴山昌彦総裁特別補佐の映像を
見る破目となる、イヤな一日に
なってしまいました。

柴山特別補佐は、記者団に対して
こう言っています。

「安倍総裁の指示を受けて、
先の大戦で尊い犠牲を遂げられた
先人のみ霊に謹んで哀悼の誠を捧げ、
恒久平和への思いを新たにした」

ガキの使いのように、
安倍晋三が言ってた通りの
言葉を
繰り返しただけなんでしょうけど、
この言葉だけで、この人には
靖国神社に参拝する資格がないと
断言できます。

柴山氏は、
靖国神社に祀られているのが
「犠牲」となった先人の
御霊だと思っています。

しかし、靖国神社に祀られているのは
「英霊」つまり「英(ひい)でた霊」です。
靖国神社は、国を守るために命をかけて
戦った英雄の霊を顕彰する場です。
「犠牲者」扱いは、英霊に対して失礼です。

「恒久平和への思いを新たにした」
もおかしい。
靖国神社は国を守るために戦った
人々の霊を顕彰するとともに、
また国が存亡の危機に立たされた時には、
自分達が戦うと誓う場です。

靖国神社は
「日本を戦争できる国に
する神社」です。

反戦平和サヨクは、それだから
靖国神社はいかんと批判するわけですが、
本物の保守なら、靖国神社は
「日本を戦争できる国にする神社」
だからこそ尊いと言わなければならない。

「国のためによく戦ってくれました。

今度は私達が命をかけて国を守ります」
と誓わなければならない。

別に、戦争をしたいなんて
誰も思ってはいません。
恒久平和を祈りたい気持ちまで
否定はしませんが、
靖国はそういう場ではありません。

靖国神社で「恒久平和」を誓う
柴山特別補佐は保守ではなく、
ただのサヨクです(もちろん安倍も)。

そもそも、靖国の英霊は
千代に八千代に皇室が安泰であることを
願って死んだのです。
未来永劫、天皇を戴く日本の国体が
守られることを願って死んだのです。

女性宮家創設を潰しておいて、
男系継承のための方策を取るわけでもなく、
ただ皇室を滅ぼそうとしているだけにしか
見えない逆賊が、どのツラ下げて
靖国神社に来れるのでしょうか!?

こんな逆賊が、ただ「保守ポーズ」をとって
支持者のご機嫌をとるためだけの目的で
靖国神社に足を運んでいることに対して、
腹の虫が収まりません。
(こんなふざけた態度に「参拝」という言葉は
使いたくない。あれはただ「足を運んだ」だけ。
最初に玉串料を「納めに行った」ではなく、
「支払いに行った」と書いたのも、同じ理由)

『保守も知らない靖国神社』
を読んで
出直してこい!!
この本を読めるだけの頭脳があれば、だけど。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ