ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.15 23:16日々の出来事

ブログは日記だから人の目は気にしないので


わしのブログでの発言は自由気ままに歯に衣着せぬ形で

書いているだけなのだが、どうも影響力があり過ぎるようだ。

たちまち各方面に知れ渡って、いろんな波紋を巻き起こす。

 

中には傷つく人も出てくるのだが、あいにく全方位的に

気を使って書くことができない。

わしは自由に書く。誤解もあるかもしれない。

だが自由に書く。誤解なら勝手に誤解だとツイッターでも

ブログでも書いといてくれ。

 

わしはツイッターはやってないし、人のブログもあまり見ない。

周囲の者が進言してきた意見だけ見るくらいだ。

 

ブログというのは元々、日記みたいなものと思っているし、

疑問も、怒りも、衝動的に吐き出しているだけだ。

これは作品ではない。『ゴー宣』は作品だが、ブログは作品

ではない。

もしブログを本にするときは、あらためて文章をチェック

せねばなるまい。

 

ブログはなるべく短時間で、10分か15分くらいで書きたい。

すごく無防備で、感情の赴くままだ。

なのに影響力があるから困ったことだ。

 

わしのファン、わしの支持者、わしの身近な者だけ読んで

くれれればいいのだが、どんどん拡散していく。

わしはブログで商売していない。

カネにはならない文章なのだ。

カネにならない文章を書くのは、吐き出したい衝動が大き

すぎるからだろう。

根っからの表現者だから仕方がない。

 

人がどう思おうと、人が傷つこうと、知ったこっちゃない。

弱者を不当に傷つけたときは謝らなければならないかも

しれない。

その他は知ったこっちゃない

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ