ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.8.17 22:00

見本本が届いた

小生監修の『天皇陛下からわたしたちへのおことば』
(双葉社、
1200円+税)の見本本が届いた。

果たして天皇陛下のお気持ちを大きな間違いなく
紹介できているだ
ろうか。

ペラペラと読み返してみると、
時間の制約があったとはいえ、
もう少し丁寧にチェックし、
筆を入れるべきだったと感じる。

ただ、次の3点は言えるだろう。

その1。
類書にない内容を盛り込むことができた。

その2。
一般には余り知られていない事実をいくつも紹介している。

その3。
私が手掛けた本の中では最も読みやすい本になった。

オビ文を引用しておく。

「『国民を思い、国民のために祈るという務めを、
人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、
幸せなことでした』
常に私たちに寄り添ってくださる陛下から
わたしたちへの珠玉のお
ことばの数々」

「第1章 皇太子時代の天皇陛下
人間として望ましい人格をつくることが第1』

第2章 揺るぎなき信念
どうしても記憶しなければならないことが4つあります』

第3章 家族への感謝と昭和天皇への思い
結婚を通して自分を高めたように感じています』

第4章 国民に寄り添い続けて
『天皇の役割を果たそうと努力
できたことは幸せでした』」

今月21日には書店に並ぶはずだ。

もし関心があれば覗いて欲しい。

■リンク
https://www.amazon.co.jp/dp/4575312975


高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ