ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.8.17 12:26その他ニュース

三浦瑠麗「私は悪くない!」強弁にツッコミ集中砲火

8月12日の東京新聞で
「大日本帝国が本当の意味で変調を来し、
人権を極端に抑圧した総動員体制だった
のは、一九四三(昭和十八)~四五年の
せいぜい二年間ほどでした」
と、今まで聞いたこともない、
妄想としか思えない歴史観を開陳し、
ツッコミの集中砲火を浴びている
三浦瑠麗氏が、ツイッターでこんな
抗弁をしています。

正直、記事は私が書いてはないので、
誤解もあったかと思いますが、
補足説明を行ったにも関わらず
こうなったのは、やはり
公式イデオロギーから1ミリも逸脱を
許さない左派の限界を感じましたね。
戦間期までは知識人や政治家の
一部にあった理想が左右問わず衰えて
きていることへの応答はなかったですね


「記事は私が書いてはないので、
誤解もあったかと思います」
って、
言論人とは思えない言い訳です。
新聞記者がまとめたインタビュー記事
でも、
最終的なゲラチェックは本人が
やるのであり、文責は三浦瑠麗氏に
あるのは常識です。

「補足説明」というのは、
ツイッターで言っている
「敗戦前の二年こそ学徒動員はじめ全国民が
動員されましたが、それまで国民は度々
自発的に好戦主義を選んできたのです」
のことだと思われますが、なぜ学徒動員が
基準なのか、全く分かりません。

昭和8年(1933)の
小林多喜二の惨殺は
「極端な人権抑圧」ではないとでも
言うのでしょうか?

事実として明らかに間違ったことを
言っているのに、その批判を
「公式イデオロギーから1ミリも逸脱を
許さない左派の限界」
のせいに
してしまうって、どういう神経?

批判されたら全部、人のせい。
記事を書いた記者のせい!
左派の公式イデオロギーのせい!
私はなーんも悪くない!
・・・って、
何だかこの人の人格そのものに
疑問を感じてしまいます。

でも、いくらこんな強弁しても、
三浦瑠麗氏のツイッターには
山ほどツッコミが入ってます!



先生、左派の公式イデオロギーって
何ですか?先生の指摘にツッコミが
沢山入ったのは、歴史的事実を都合よく
忘れ去ったりしており、歴史の流れから
すると解釈がおかしかったからですよ。
自分の出来の悪い論考を棚に上げて
左派云々、知的誠実さに欠ける態度であり、
学究としての資質に疑問を感じます
(汨羅の観察人さん)

インタビューは東京新聞の記事で
拝見しました。また、あなたの
「補足説明」も読みました。
あなたは近代史や社会の事象について、
もっと多様な側面から学ばれた
方がいい。共に浅く、一面的です。
分かってやっているなら何も言いませんが、
戦前と同様、空気醸成として
政権側に利用されるだけです。
(星野しずくさん)

誤解があった絵文字:重要お前は稲田朋美か
(shudaiさん)

いや、左派がどうこうというより、
「大日本帝国が人権を極端に抑圧した
総動員体制だったのは、1943~45年の
せいぜい2年間ほど」というあなたの主張が
事実と違うと皆で突っ込んでいるわけで。
中学生の日本史からやり直しなさい。
(志葉玲さん)

言い訳がましいand常に他者攻撃
頭が悪いですごめんなさいって素直に
言ったらどう?人生で謝ったことないでしょ?
(ファイナルくんさん)

小林よしのり氏を、
「左派」と言うのだろうか。
(Kotaさん)

誤解 #とは
公式イデオロギー #とは
戦間期 #とは
一部にあった理想 #とは
…ダメだ、何度読み返しても意味わからんちん。
その特殊な脳内解釈を庶民にも分かるような
解説能力を身に着けて下さいよぅ。
(平沼センジ REDs さん)



・・・なんだか、気の毒になってきた。
もう、誰の目にも正体バレバレなのに、
本人だけはバレていないつもりで、
今後も恥を晒し続けていくのでしょうねえ…
美人にさえ生まれなければ、
こんな惨めな人生を送らずに
済んだかもしれないのにねえ…
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ