ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.20 03:12日々の出来事

信頼の再構築は難しい


信頼が壊れることをもっと恐れた方がいい。

信頼を作り上げるには多大の年月と努力が必要なのに、

信頼が壊れるときは一瞬で、なかなか再構築することは

できない。

 

安倍政権もそのパターンに嵌った。

取り巻きを変えても、支持率は回復しない。

佐川理財局長の国税庁長官就任と、就任の挨拶ができない

事態も、異常なことで、国民の信頼を失った国税庁長官が

国民から税金を取るのだから、100%狂った人事である。

 

こういう不正を強行した首相が、8秒間、頭下げて謝罪

しても、信頼は取り戻せない。

8秒間、頭下げて、信頼が得られるなら、誰だって頭下げる。

信頼の構築は、とことん大変なものだ。

 

三浦瑠麗も自ら信頼をぶっ壊すような言動をなぜしている

のか分からない。

「安倍首相のお気に入りの評論家になりたい」というのが、

三浦瑠麗の目標だったのか?

泥船に乗って一緒に沈むとは賢くない人だ。

 

失った信頼はそう簡単には取り戻せない。

「ゴー宣道場」の師範たちも、胸に手を当てて、よく考えて

もらいたい。

もちろんわしも、あらためて考え抜くつもりだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ