ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.8.22 23:00

次の首相に石破茂氏という世論調査結果

先頃の内閣改造で安倍内閣の支持率が回復傾向を見せている。

これをどう見るか。

率直に言って、
民進党のグダグダぶりが助けている部分が大きい。

代表選挙という、最も党の求心力が高まるはずの場面で、
離党者が相次ぐようでは、国民は安心して支持できない。

それから、閣僚に野田聖子・
河野太郎両議員を加えた効果も
無視しがたい。

反安倍ないし非安倍的な(又はそう見られている)
人材を内閣に入れたことで、支持率が底上げされている。

ある意味では、安倍首相への批判票の回収。

だから回復率が高ければ、
それだけ批判も多いことを意味するだろう。

いずれにせよ、安倍首相本人への信頼回復というより、
敵失や批判勢力の抱え込みによる、薄氷の支持率回復と
言えるのではないか。

実際に直近の世論調査でも、
「次の首相に誰がふさわしいか」
を尋ねると、
現職の安倍首相(22、6%)を抑えて、
安倍氏と距離を置く石破茂氏(23、0%)が、
僅差ながらトップに立つという結果が出ている
(産経新聞・
FNN合同世論調査、8月19・20日実施)。

この調査を行った産経新聞は勿論、
この事実を極力、
目立たないように扱っているが。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ