ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.8.23 22:00

北朝鮮による半島統一という悪夢

ロシア公使、ウズベキスタン大使などを歴任した
河東哲夫氏の暗い予測。

「『北朝鮮製ICBM』はこれまでのゲームを一変させ、
北東アジアの政治地図を替えるだろう。
ICBMが来襲しかねない状況で、
アメリカは北朝鮮の処理をいつまでも中国に丸投げできない。
だが、アメリカは武力は使えまい。
影武者を何人も使い、
常に居場所を変える金(正恩)の
『除去』は至難の業。
核開発施設も地下にあり、アメリカも全て把握できない。
1回の攻撃で北を無力化しない限り、
北朝鮮は日韓の米軍基地に報復を加えるだろう。
もはや北朝鮮問題の主導権を握るのは北朝鮮自身だ。
各国はそれに気付かないかのようにポーカーゲームを続けている。
…武力行使の手は縛られたアメリカにできることは、
北朝鮮との話し合いしかない。
しかし平和条約締結で朝鮮戦争を終わらせれば、
米軍は韓国に居残る大義名分を失い出ていくことになる。
そうなると北朝鮮主導の南北再統一への力学が働いて、
ロシア以上のGDPを持つ統一朝鮮、それも核兵器を持ち、
日本に敵意を持つ大国が誕生するのだ」

これを夢物語として一笑に付す訳にはいかない。

アメリカの限界を冷静に見極め、
日本の未来は日
本人自身が築くしない、
という当たり前の覚悟を、
そろそろ取り戻すべきだ。

その際、憲法改正は避けられず、
核武装も予め選択肢から除外すべきではあるまい。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ