ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.8.24 22:00

核を巡る欺瞞

現代の日本人は核武装に対して強い拒絶感がある。

しかし、おかしくないか。

アメリカによる「核の傘」は排除しない。

むしろ長年、当然の事として受け入れて来た。

アメリカの核の傘とは何か。

簡単に言えば、アメリカが日本を防衛する為に
「必要」と認めたら、
アメリカ独自(!)の判断で
核兵器を使用する事だ。

日本はそれに全く関わらない
昭和43年2月19日の衆議院予算委員会での椎名外相の答弁。
同年4月16日付の外務省文書「日米安保条約の問題点について」)。

そっちの方がよほど危険ではないか。

本当は必要がなくても使用する恐れがある。

逆に、必要な時に使用しない可能性も否定できない。

何しろアメリカの国益こそが最優先だから。

そんなリスクも顧みず、どうして自ら核武装しないのか。

それで核兵器とは“無縁”だと胸を張るつもりか。

欺瞞も甚だしい。

核兵器と本気で手を切りたいなら、
アメリカの核の傘なんか断るべきだ。

アメリカの核の傘に頼るくらいなら、
自分で核武装するのが当たり前ではないか。

その二者択一しかないはずだ。

いつまで思考停止を続けるのか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ