ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.25 00:03日々の出来事

保守のためのリベラル


牛乳石鹸のCMは男の沽券が消滅していく時代に戸惑って、

もう父のようには生きることが出来ない寂しさに耐える男を

描いているのだから、目くじら立てるようなCMではない。

洗い流すのは男の沽券であり、それは時代に適応しようと

いう決意だろう。

 

男の沽券に同情的な女性もいれば、そんなもの要らんという

女性もいるわけで、そんなもの要らんという女性の中にも、

高倉健なら許せると思う人はいるはずだ。

 

ただし、中産階級で昭和のマッチョイズムに憧れながら、

ゴミ出しする自分に幻滅を感じるような男が、個室に籠れば

ネット右翼として天皇の男系固執や、男尊女卑や、排外主義

を煽っているのだから、わしはあのような男に同情はしない。

 

わしのように私生活で昭和的な生き方を貫く男に対して、

彼らは嫉妬するしかないだろう。

そのわしが「保守のためのリベラル」を主張するようになって、

一番ついてこれないのは、父殺しをしていない未熟な男たちだ。

時代の変化に踏ん切りがつかない中途半端な男たちが、わしを

左翼化したと言いながら、自分の視界から消したがる。

勇気がない連中なのだ。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ