ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.8.25 02:36その他ニュース

「牛乳石鹸CM」主人公が表す根深い問題

リボンの騎士さんの
コメントをご紹介します!



ライジングの配信及び生放送
お疲れさまでした。
トンデモ見聞録を拝読し、このCMについて
炎上してしまうことへのご批判なのか、
このCMの主人公に対して違和感や不快感を
抱いた人達へのご批判なのかが、
最初私にはよくわからず、個人的には
前者であれば同意、後者であれば疑問
(男性の視点で描かれたこのCMの主人公
に対して、私は違和感を持った方なので)
に思ったのですが、今は、おそらく両方に
対するご批判だったのだろう
という認識でおります。

その後「感想は人それぞれある」と
なさりながらも、後者について、
「人間の複雑さ、奥深さを感じとる情緒が
なく、短絡的で、表面的で、浅はかで、
硬直して、貧しくて、無味乾燥なものの
見方しかできない人」と記事の中では両断
されているので、そのように理解しました。
記事の中で抜粋された批判意見は、
極端な例だと思います。
私は、炎上はもとより、このCMの存在も
知らなくて、師範方のブログで初めて知り、
あらためて動画を見たり、世間の反応を
調べてみた次第だったのですが、
ごく常識的な批判意見もありましたから。
そういう印象を持った人にも、
「世界観」や「物語」を理解している人は
ふつうにいるはずです。
違う印象を持った人と、それが違うと
いうだけで。
そういう人が「他者の視点を想像」した
結果、違和感や不快感を抱いた、
ということだと思います。

ただし、繰り返しになりますが、
炎上はさすがに行き過ぎだと私も思います。

他方、中には、いくら何でもこれは酷い
だろうというものもあるのは事実かと思います。
最近で言えば、ルミネや資生堂、サントリー
などでしょうか。
私は苦情を送りませんでしたが、それらへ
抗議した人の気持ちはよくわかります。
とくに、この度の宮城県の観光PR動画は、
その性質上ふさわしくないとしか思えない
内容のものを、税金で制作しているわけ
ですから、不快に感じた人は、
ジャンジャン県庁へ抗議したり、
批判意見を送っていいと思います。

そして昨夜の生放送、
なるほど!と膝を叩きました。
このCMの主人公のような、自分の親の時代と
現代とのギャップ、父親と自分のギャップ、
自分が育った家庭と自分が築いている
家庭とのギャップ、そういう葛藤や逡巡を
抱えながらも、それを何とかしようと、
夫婦それぞれが心の内にあるものを言葉に
するなどして伝えてみるとか、具体的に
歩み寄る様子もあまり見当たらず、
牛乳石鹸使って洗い流しちゃうだけで、
特にそういう努力をすることなく、
モヤモヤしながら、どちらか言えば寡黙に
日々を生きている男が、個室のPCや、
スマホを使いながらネトウヨになってしまう
のだ、というよしりん先生のご見解には、
ものすごく納得しました。

中には本当に頭のおかしい人もいるけれど、
ネット上で攻撃的に差別的な書き込みを
している人や、排外デモに集まるような人
でさえも、普段は、この日本社会のどこに
でもいるような人なのでしょう。
全米からシャーロッツビルに集まった
白人至上主義の右翼も、家に帰れば
どこにでもいるようなお父さんだったり、
青年だったりするのだと思います。

なるほど。繋がりましたし、よくわかりました。
それだけにやっかいであり、
いかに根深い問題か、ということも。



なんでこの人、たかがゴミ出すだけで
こんなフテ腐れてんの?
…というのが私があのCM見た第一印象で、
おそらく私より10歳は若いはずの
CMの主人公の世代に、ここまで
男の沽券だの男尊女卑だのにこだわってる
人なんておるんかいな? 
という違和感を持ちました。
実はああいうのがマジョリティで、
私の現状認識の方が甘かったようですが。

しかし、どこでどうして
ああなるんですかねえ?
うちの父親も、結構父権の強いタイプの
昭和ヒトケタなんですけど。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ