ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.8.25 23:55日々の出来事

都知事の信念やいかに?


「歴史修正」は自分自身が相当勉強して主張した方がいい。

基本の基本は「史料検証」だ。

学術的には、一次資料、二次資料、三次資料を発見して、

分類しながら検証すれば、案外事実に迫ることが出来る

ものだ。

 

資料は残っている。

今現在の行政資料もメモやデータの形で残っていることは、

森友学園や加計学園の問題で分かっただろう。

検察は森友学園の安倍晋三小学校の国有地・激安払い下げ

の件でもデータを復元するようだ。

検察は国民の期待に応えて欲しい。

 

過去は紙の資料がいっぱい残っているので、「証言」を

裏付ける「史料」を発見して、事実に迫ることはできる。

わしは「朝鮮人虐殺」に関して、小学校のとき、近親者から

聞いたことがある。

関東大震災の時、トラックに乗せて、山の中に連れていって、

撲殺していたと。

わしはこれを信じていたが、検証していない。

 

井戸の中に毒を撒いた話は、実際、大阪の朝日新聞に載って

いたが、これはデマだった。

デマが新聞に掲載されているのは、一次史料として発見され

ている。

これを信じて自警団が動いたことは十分あり得る。

デマを信じて民衆が朝鮮人を追い詰めたが、警察官が自ら

井戸の水を飲んで助けたという逸話は有名だ。

 

関東大震災の「朝鮮人虐殺」慰霊の追悼文は、小池百合子氏

は今までの都知事の慣例に従っていた方が良かっただろう。

乱暴な右派からは好感を持たれただろうが、左派からは

嫌悪される。

慣例を破って、嫌悪されてもいいと思えるほどの信念が

あったのだろうか?

政治家の振る舞いとしてはしくじったかもしれない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ