ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.9.3 01:46その他ニュース

大東亜論『愛国志士、決起ス』こそが明治の歴史の真実だ

三浦瑠麗氏が、
西郷隆盛の「征韓論」と
ネトウヨの「嫌韓論」の
区別もつかないほど無知蒙昧
である
ことはよくわかりましたが、
もうひとつ気になることは、
三浦氏が西南戦争を単なる
「政府への反乱」で、
西郷を「国家反逆の罪に
問われたであろう、罪人」
と捉えているらしいということです。

つまり、明治政府という
国家権力こそが善であり、
これに対して抵抗した者は、
いかなる理由があろうと
「国家反逆の罪人」というのが
三浦氏の歴史観なのです。

ちょっとでも歴史を知っている人は、
こんな単純な権力無謬説なんか
とりません。

明治政府は、薩長藩閥が権力を占め、
自らの権力維持に都合の悪い人物を
排除し、
抹殺してきたのです。

日本の司法制度の基礎を築き、
日本の近代化のためにさらなる活躍が
できたはずの江藤新平もそのために
「佐賀の乱」に追い込まれて処刑されたし、
松下村塾一の高弟・前原一誠
「萩の乱」で処刑されました。

そして明治政府は最後に残った
邪魔者である西郷隆盛を
さんざん挑発し、暗殺を試み、
「西南戦争」に追い込んだのです。

以上の経緯は、
大東亜論第二部
『愛国志士、決起ス』
に、描写しています。

これこそが、歴史の真実です。
最後の武士たちが、どんな思いを抱えて
国家権力と戦ったのか、心ある人は
ぜひお読みいただきたい。
三浦瑠麗氏は歴史を一切知らず、
ただただ、国家権力のやることは正しい、
権力について行けば生き残れる
としか思っていないようです。

だから安倍首相と食事をして、
安倍政権擁護の
発言ばかりするのでしょう。

虫唾が走ります。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ