ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.9.5 01:59政治

アメリカよ、決断せよ!


北朝鮮問題で、「対話する」とか「和平する」と言ってる連中は、

アタマがおかしいのではないかと思う。

自分で金正恩と対話して和平を実現するわけでもあるまい。

安倍首相が嫌いと言ってるくせに、安倍首相にそれを願うのか?

それは田原総一朗氏が直々に説得したが、無理だったではないか。

 

軍隊を持たない国家は、主権がないのだから、外交だって自由に

できないのは当たり前のことである。
そもそも金正恩が日本なんか相手にしない。

 

韓国だって、北朝鮮問題では主権を持たない。

決定できるのは、アメリカ、中国、ロシアしかいない。

 

北朝鮮は核保有国になることを決めている。

これを阻止するには軍事力の行使しかない。

何が何でも和平をと言うのなら、ある意味それは簡単だ。

北朝鮮に核保有を許せばいいだけだ。

「核保有してもいいから、平和条約を結びましょう」

OK!」となるだろう。

 

そうなれば韓国も核保有国になる。

アメリカがそれを認めざるを得ない。

そして当然ながら、アメリカに許されて、日本も核保有国に

なる。

核不拡散の体制が崩れるから、中東諸国もこぞって核保有を

目指すだろう。

いつか必ず核戦争が起こるな。

それが対話と和平主義の行きつく未来だが、それでいいのか?

対話主義者よ!

 

しょせん外交主権を持つのは、米・中・ロしかないのだ。

特に、アメリカだ。

ソウルを火の海にしないで、一挙に片付く戦略をとればいい。

サイバー攻撃を仕掛け、指揮系統を断絶させ、軍事機器を

マヒさせ、38度線の北の兵力をステルスで壊滅させ、同時に

斬首作戦ですべてを終わらせる。

これを一気に、同時に行うだけの力はアメリカにはあるだろう。

ないと言うなら、日米同盟の意味はなかったという証明である。

アメリカよ、決断せよ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ