ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
切通理作
2017.9.9 05:59

誤解と謝罪

   
      トッキーさん、それはいくらなんでも誤解です。
  UP時間を、こちらの隠したい意図で操作したことはありません。
  ではなぜ、そのような不可解なことになってしまったのかは、私にはまったくわかりません。
  ただ「決定」ボタンを押す前、書き始めた時間からズレている場合、一分後ぐらいに設定して、決定ボタンを押す事はあります。
  その際、操作を間違えたかもしれません。
  もしそうなのだとしたら、混乱を招いて申しわけありませんでした。

  しかし発言を隠したいなら、わざわざ書くことなんかしません。

  私の発言それ自体については、師範同士不必要な関係性の断絶に結びつく可能性のあることまで書いてしまったと、あれから反省しております。今回トッキーさんから、こんなことで疑われるような空気を、自ら作ってしまったのだとしたら、よけいに申しわけなく思います。

切通理作

昭和39年、東京都生まれ。和光大学卒業。文化批評、エッセイを主に手がける。
『宮崎駿の<世界>』(ちくま新書)で第24回サントリー学芸賞受賞。著書に『サンタ服を着た女の子ーときめきクリスマス論』(白水社)、『失恋論』(角川学芸出版)、『山田洋次の<世界>』(ちくま新著)、『ポップカルチャー 若者の世紀』(廣済堂出版)、『特撮黙示録』(太田出版)、『ある朝、セカイは死んでいた』(文藝春秋)、『地球はウルトラマンの星』(ソニー・マガジンズ)、『お前がセカイを殺したいなら』(フィルムアート社)、『怪獣使いと少年 ウルトラマンの作家たち』(宝島社)、『本多猪四郎 無冠の巨匠』『怪獣少年の〈復讐〉~70年代怪獣ブームの光と影』(洋泉社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ