ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.9.12 01:25その他ニュース

日本人の「世間」と「個人」の考察

ライジングコメント欄に寄せられた
shiroさんの「世間」と「個人」の
考察が見事なのでご紹介します!



生放送を一通り拝見致しました。
フランス人の生態に驚きましたが、
かの国は個人主義であり、
我が国は世間主義という違いがありますね。
かつて20年くらい前に、歴史学者阿部謹也氏が
「日本には欧米のような個人から成る社会は
なく、世間だけがある」と著書で
述べていましたが、全くその通りだと思います。
日本ではどこの世間に属しているかが大事で、
個人としての中身は問わない。
そう考えると今回の騒動の本質も
見えてまいりますね。

山尾・倉持両氏は、自身の属する世間を
裏切った、ということで責められている。
八つ墓村とは絶妙の例えです。
子育て世帯(という世間)では不倫など
許されない。実績がどうとかそんなことは
関係ない、世間を裏切ったのだから
村八分にしろ、という理屈は日本人なら
スッと理解できるでしょう。
それに賛同するかどうかは別として。

そして世間は流行に左右される。
不倫叩きの流行に乗っかって、
公的には比類なく優秀な人物を追放して
いいのか、というのが小林先生から
世間への一つの問いです。
私的にも一切咎められる必要はない、
などとは誰も言っていません。
私的なゴシップは公的な仕事の成果と
切り離すべきでは、という主張は
我が国でも普遍的に成り立つと思います。

無論、何が優秀でそうでないかの判断は、
各自別れるところでしょうが、
勝ち馬に乗る泡沫議員共と山尾氏を
いっしょくたにするのは疑念が生じますね。
我こそは山尾より倉持より優秀なり、
あるいはもっと使える人間を知っているぞ
と言う人間は、きちんと具体的に
対比する形で主張すべきでしょう。
それなら建設的な議論になりうると思います。
待機児童や共謀罪問題で山尾氏より
知見があり答弁力がある人間の名を
挙げられるか。
倉持氏のような卓越した法律知識と
ロビイングの才能がある人間を連れて
こられるか。
そもそも政治家における実務性や能力とは
具体的に何か。(小林先生は立法や
答弁能力と指摘していますね)

世間=公ではないと思います。
世間は公私混同を常とします。
公私共に平均モデルみたいな人間像が
共有されていて、そこに反すると
村八分扱いにされる。そして
そのモデルはしょっちゅう入れ替わる。
そんな軽薄なものを正義の基準にして
人を裁くと、碌な目に会わないぞと、
そういうことではないでしょうか。
第一、政治なりなんなりで世の中を
変えることを想定するのであれば、
世間モデルにぴったりな人間なんて
何の役に立つんですかね?というか、
それが流行に乗ってあらわれたのが、
なんたらチルドレンなんじゃない
でしょうか。小泉とか安倍とか小池とか・・・。



ヨーロッパでも「私的」には
ゴシップは大衆の関心を呼ぶのでしょうが、
「公的」な評価としては
「それが何か?」で済む。
日本はその公私を混同した
「世間」の「空気」が支配している…
ここを乗り越えない限り、
日本は近代社会となり得ないのだという
課題が今回の騒動で浮き彫りに
なったような気がします。
トッキー

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ