ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.9.14 23:17日々の出来事

なめられた国・日本を変えよ


7時過ぎからテレビが北朝鮮のミサイルが発射されましたと

速報を流している。Jアラートというやつらしい。

 

こんな朝早く建物の地下に移動せよとか、窓の傍から離れよ

とか言われても、どうしようもない。

ミサイルが途中で壊れて破片が落ちてきたら、運が悪ければ

屋根を貫いて大事故になるだけだ。

 

まるで戦時中みたいに全テレビ局がミサイルが来ると危機を

煽っているから、本当に戦争になったら、こんな速報が頻繁

に流されるのだろうとうんざりする。

 

成層圏の上を飛んでいくのかもしれないが、そもそも日本の

頭上に飛ばすと言うだけで、もう戦争行為を行なっている

ようなものだ。

普通ならこれが宣戦布告だと捉えてもおかしくない。

ただちに報復しても構わないのだ。

 

だが、どうせ政府は「厳重に抗議する」「最大限の言葉で

抗議した」などと言うだけで、北朝鮮の「日本列島を海に

沈めてやる」という言葉よりは絶対に軽いだろう。

 

軍隊がない国なのだから、いくら挑発されても、アメリカの

意向次第でやることがない。

軍隊がない国はなめられて当然。

 

こんなときに、よく憲法9条に自衛隊を明記するだけ

などと呑気なことを言ってるものだ。

108日の「ゴー宣道場」では、日本で最先端の議論を

行なおう。

基調講演は今、全国的に話題の弁護士・倉持麟太郎だ。

なんとも刺激的、挑戦的な状況設定ではないか。

今からワクワクする。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ