ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.9.18 22:00

エマニュエル・トッド「核武装」の勧め

『朝日新聞』に「日本核武装の勧め」が載った事がある
平成18年10月30日付)。

と言えば、驚く人と、
「ああ、あれか」と思い出す人に、
分かれるだろう。

勿論、朝日新聞自体の論説ではない。

フランスの歴史家、
エマニュエル・トッドへのインタビュー記事だ。

タイトルは、そのものズバリ
日本に『核武装』を勧めたい」。

トッド氏の予想外の発言に対するインタビュアー
(若宮啓文氏)
の狼狽えぶりが面白かった。

それはともかく、いくつか発言を紹介しよう。

「核兵器は安全のための避難所。
核を持てば軍事同盟から解放され、
戦争に巻き込まれる恐れはなくなる」

戦後の日本は米国の弟で満足している。
中国やフランスのように同列の兄弟になることに
おびえがある。
広島によって刻まれた国民的アイデンティティーは、
平等な世界の自由さに対するおびえを隠す道具になっている」

日本も戦争への贖罪意識が強く、
技術・
経済的にもリーダー国なのに世界に責任を果たせないでいる。
過去を引き合いに出しての『道徳的立場』は、真に道徳的とは言い
がたい」

核を保有する大国が地域に2つもあれば、
地域のすべての国に『
核戦争は馬鹿らしい』と思わせられる」

これらの率直な発言は、
もう冷静に1度振り返ってみる
必要があるのではないか。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ