ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.9.21 04:17日々の出来事

対話より圧力、アメリカがそう言うから


わしは今『ゴー宣Special』の第11章シナリオをやっている。

ほぼ出来た感があるのだが、ちょっと難しいかもしれない。

だが、全部が全部、易しく描くというのもどうかと思う。

今日中にコンテに入りたい。

 

トランプが国連で演説した内容は良かったと思う。

ソウルを火の海にしない軍事作戦、日本にミサイルが飛んで

来ない軍事作戦も、綿密に立てられているのではないか?

 

問題は、難民が日本に押し寄せて来ることだな。

それは日本側が対処せねばならない問題でもある。

だが安倍晋三くんは総選挙をして、この危機的な時期に

惨敗を避けるためだけの選挙運動をやるんだという。

 

国連で、対話より圧力だと言ったのは正しいが、ならば、

戦争の準備のために、作戦を立てているのだろうか?

これが民進党なら、自称保守やネトウヨは猛烈に叩くの

だろうがな。

戦争になるかもしれないのに、総選挙とは何事だ――!

とね。

安倍政権のためだけの言論って、あほくさいわ!

 

田原総一朗氏が安倍晋三くんに、訪朝して対話をと進言

したはずだが、やっぱり何の意味もなかったな。

決めるのはアメリカだ。日本には外交主権はない。

それでいいと言うのが護憲派ではないか。

だからこそ、日本ではこの危機の最中に、解散総選挙

なんて呑気なことをやっておれるのだよ。

万事、アメリカにお任せなんだから。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ