ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.9.24 14:02日々の出来事

「ゴー宣道場」締め切りまでもうなかぞ!


あまりに忙しくて忘れていたが、「ゴー宣道場」の

応募締め切りがあと3日、27日(水曜)に迫っていた。

高森氏以外、師範方もさっぱり告知してくれないが、

もう日にちがない。

 

倉持麟太郎氏は、今までも「ゴー宣道場」に参加して
いたが、どのくらいの
能力がある人間なのか、
門弟も、参加者も、まだ知らない
はずだ。

だが、わしは知っている。
その実力を見られるだろう。

 

憲法の問題は実はただ単に9条のことだけ議論していれ

ばいいというものではない。

他の条項とも関連し合うだろうし、安倍晋三が主張する

「加憲」と、石破茂が主張する「改憲」との違い、

民進党の枝野氏の立場は全然違うし、わしが考える「改憲」

と石破茂が考える「改憲」も違っているかもしれない。

 

その上、今回「首相の解散権」を憲法で縛るという公約が

民進党から提案されそうである。

これが「改憲」せずに出来るものなのかという論議もある

だろう。

解散権は首相の専権事項というのは、どう考えても異常だ。

民主主義の成熟を妨げる。

 

議論すべきは多々あるのだが、倉持氏はどう解説するか?

本心では倉持氏に反感を持っている者は、「公」の議論、

憲法論で質問してみればいい。

もう日にちはないぞ。応募を急げ!

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ