ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
トッキー
2017.9.30 13:08その他ニュース

キュリー夫人の不倫スキャンダル

ライジングコメント欄に、
感動的な文章をいただきました!


先ほど(2017年9月30日14:00-)IWJ_AICHI1
「山尾志桜里氏応援集会生中継」を拝見して
感激したので、予定外ですがまず手短な
感想から始めます。小林よしのり氏による
「衆議院解散総選挙第3弾」に期待できる
ことがわかって大いにうれしくなりました。
山尾志桜里氏の気迫と内容のこもった
挨拶からは、政治家としての見識と能力が
十分伝わってきて、今後の活躍を確信しました。
「希望の党」をめぐってわけのわからない
もやもやに悩まされていましたが、
両氏の挨拶から元気が出てきました。
今後の大いなる健闘を祈ります。

さて本題です。世田谷区在住の物理学者
で4年前に大学を定年退職しました。
山尾氏を志ある政治家として応援したい
と思っていますが、最近の山尾氏に関する
報道騒ぎを見ていて、しきりに、
キュリー夫人をめぐる不倫スキャンダル
を思い出しています。100年程前、
フランスの大衆誌がキュリー夫人を
不倫疑惑をタネに激しくバッシングして
生死の境まで追いつめました。
山尾議員に対する報道は山場を越えたと
思われますが、落ち着くまでにはまだ
長い時間がかかるでしょう。
大衆によるバッシングの恐ろしさとともに、
それでも、本人が信念を曲げずに行動し
続ければ、後日の人々はすべてを
忘れてしまう、という好例として
キュリー夫人の話をお知らせします。
なお、以下の内容は学生時代に読んだ
「キュリー夫人の素顔」
(ロバート・リード著、共立出版)を
読み直して正確を期しています。

キュリー夫人が不倫スキャンダルに
見舞われたのは1911年の11月、
夫のピエール・キュリーを失ってから
5年目で43歳の未亡人、14歳と6歳の
子持ちで、すでに学者としては
ソルボンヌ大学教授として国際的名声も
確立していました。
さらに、2つ目のノーベル賞授与が決定
された時期とも重なり、まさに栄光の
絶頂期にさしかかったときです。
パリの大衆新聞が突然キュリー夫人の
不倫疑惑を書き立て、それをきっかけに、
ノーベル賞もお構いなしの、
常軌を逸した壮絶なバッシングが始まります。
不倫相手とされたのは5歳年下の
ポール・ランジュバン、
故ピエール・キュリーの一番弟子で
妻と幼い子供4人の家庭もちです。
今では世界中で名を知られた超有名な
物理学者ですが、当時、長らく家庭不和と
経済的問題に悩まされて妻とは別居中、
研究中断の危機にありました。
キュリー夫人は亡き夫の見込んだ超優秀な
弟子ということで、彼の未来を案じて
家庭の悩みに親身に相談にのりますが、
そのうちに、いつしか周りの学者仲間が
気付く程度に2人は親しくなってゆきます。
ついに、ランジュバンが研究室のそばに
賃貸していた小さなアパートに、たまに
一人で訪れるキュリー夫人の姿が
アパートの住民に目撃されるようになります。
さらに、キュリー夫人のランジュバン宛の
手紙がランジュバンの妻によって
盗み出されて新聞社の手に渡ることで、
スキャンダル誌が勢いづきます。

記事曰く「パリにやってきて科学で一山
当てた外国の貧乏女が、フランスの善良な
科学者の家庭を破壊した」、
「外国出身の不道徳女のために、フランスの
善良な家庭が壊されて家族が涙に暮れている」、
さらには「ピエールが死んだのは、
不倫を知って悲観して自殺したのでは」
といった根拠のないうわさまで撒き散らす
有様です。赤新聞に煽られた群集が
キュリー夫人の自宅前に群がり、罵声が
部屋にいる夫人の耳にも届くようになります。
「外国の女は出てゆけ、亭主泥棒め。」
 壁に石を投げるものもいたといいます。

国際的な名声が確立していたキュリー夫人に
そこまで激しいバッシングが起こった背景には、
ポーランドというヨーロッパの片田舎から
出てきた貧乏女子学生出身のキュリーさんに
対する、パリの人々の偏見がありました。
フランスでは政治家の不倫など
誰も問題にしない、という話がありましたが、
それは現在のことです。100年前には
上流階級以外の不倫は問題にされたし、
その上、婦人参政権がない時代です。
男女同等の意識は程遠く、女性に優れた
科学的能力があるはずがないと庶民は強く
信じていました。外国からやってきて学問で
成功した女性に対する疑いや歪んだ気持ちと
拒絶感が、庶民だけでなく権威主義的な
フランス科学アカデミーにも色濃くありました。
キュリー夫人の名声が巨大だった分だけ、
鬱屈した人々の隠れた攻撃意欲もまた
大きかったのです。人々の意識の底に潜む
そんなヘドロを、スキャンダル誌が煽って
掻き立てました。

群衆が集まった自宅から、親しい友人たちが
キュリー夫人を助け出して大学の自宅宿舎に
引き取って匿います。子供たちはそれぞれ
別の友人に引き取られることになり、
こうして家族はあっという間に
離散してしまいます。 

2度目のノーベル賞授与の通知が届いてから
授与式までの1ヶ月半が、まさしく上に
記した不倫疑惑によるバッシングが始まって
狂乱の域に達する期間に完全に重なります。
自宅から追い出されて家族離散のどん底状態
にあったキュリー夫人ですが、
それでも気力を振り絞ってストックホルムに
出かけて、無事ノーベル賞の受賞講演を
済ませます。でもそれが肉体と精神の限界
でした。講演を終えてパリに戻った直後に
倒れて担架で病院に担ぎこまれます。
このころになると、スキャンダル報道自体は、
大衆が飽きたため、ピークを過ぎるのですが、
キュリー夫人が受けた精神的・肉体的
ダメージが蓄積してこのころピークに達し、
それから先、心身の深刻な不調に長期間
悩まされます。担ぎ込まれた病院では
うつ症状と重症の慢性的尿道炎と診断されて
即入院。数日間絶対安静の重体が続き、
その後幸い短期的に回復へむかいますが、
翌1912年3月には再度入院して腎臓手術、
その後も重い鬱状態が続き、さらに6月には
病気が再発して入院します。
まさに心身ともにボロボロでした。
病院の入退院を繰り返すそんなどん底の
この期間、パリ近くに別名で家を借りて、
キュリー夫人の名を隠して、ごく少数の
友人以外には秘密にして暮らします。
人々に気付かれるのを恐れる犯罪者の
ように、名前を隠して隠れ住んだのです。
病院宛ての娘からの手紙にすら
「キュリー夫人」と書くことを許さず、
別名を書かせました。キュリー夫人と
名乗ることで攻撃されるのではないか、
という恐れとともに、キュリー家の名に
泥を塗ったという自責の念から、
自分にはもはやキュリー夫人を名乗る
資格がないのではないか、と考えた
のでしょう。キュリー夫人として
生きてゆく自信を失ったのです。

キュリー夫人のような不撓不屈の意思と
強烈な自尊心を持った人間には、
この半年あまりの出来事は、想像を絶する
耐え難い屈辱だったはずです。
たとえ自分のしたことになんら恥じる点が
なくても、「キュリー家の名に泥を塗って
しまった」という自責の念は強烈だった
と思われます。後日、成人した娘に対して
「当時自殺を考えはじめていた」と
打ち明けていることから、よほど精神的に
打ちのめされたのだと想像できます。

このどん底の期間中、ポーランドの実家の
親族がやってきて、傷ついたキュリー夫人を
ポーランドに連れ帰ろうとします。
パリの知人の中にもそれを勧める人が
沢山いました。さらに、ポーランドの科学界は
ふさわしい地位を用意し、呼び戻そうと
使節団を差し向けます。しかし、
どんなに弱っていてもキュリー夫人は
頑として言うことを聞きませんでした。
夫を含めて自分を科学者にしたすべてのものが
このパリにある。だからどんなに大変でも、
ここに踏みとどまって、たとえどんなに恥に
まみれたとしても、パリに踏みとどまって
科学者として天命を全うしよう、
と決心したのです。
1912年8月になると、やっと最低限の元気が
戻って入退院を繰り返すことがなくなり、
イギリス人の友人が用意してくれた
イギリスの安全な隠れ家に移って、
誰にも知られずに安心して2ヶ月ほど
すごします。そこでさらに元気を回復し、
10月にパリに戻ってきます。

久しぶりにパリの自宅に戻り、子供を
呼び寄せて家庭を再構築し、研究も再開して
後半生のスタートを切ります。
群集に罵声を浴びせられ、石を投げられて
家から逃げ出して以来、1年たらずが
経っていました。さらに翌年の春には、
再びやっとキュリー夫人を名乗り始めます。
1年半かかって、ようやく学者として、
キュリー夫人として生きる自信と気力を
取り戻したのです。

以上がバッシング騒動の顛末です。
当時から100年あまり経った現在、
キュリー夫人を「不倫疑惑の学者」と
考える人は一人もいません。
大衆のバッシング好きを大衆誌が金儲けに
変えるために、キュリー夫人を
餌食にしたのです。しかし、その騒ぎは、
あのキュリー夫人でさえ押しつぶしたかも
知れない程危険なものでした。
このキュリー夫人の一件から得るべき
一般的な教訓は何でしょうか? 

バッシングを乗り越えて何かを
成し遂げるために必要なものの第一は、
まず本人のくじけない志と能力であり、
第二それを援助するが理解者の協力だ、
ということだと思います。 
第一の本人の志と能力は当たり前なので、
第二の理解者の協力について記します。
組織や権威には期待できず、代わりに、
志を共有する独立した個人が重要です。
キュリー夫人の例で、自宅から
キュリー夫人を助け出して大学の自宅宿舎に
匿ったのはエミール・ボレル
(世界的数学者、ソルボンヌ大学教授)と
その妻のマルグリット
(大学の理学部長ジャン・ペランの娘)です。
その際、キュリー夫人の勤め先の
ソルボンヌ大学や政府の教育相が窮地を
救う方向で働いたかというと、
飛んでもありません。時のフランス教育相は
ボレルに対して、キュリー夫人を庇うなら
大学を罷免すると脅しており、
スキャンダルのとばっちりを恐れて迫害側に
加担しています。また、理学部長の父は娘に、
匿う場所に大学の宿舎を使うなと迫ります。
ボレル夫妻はそれらの脅しにひるまず夫人を
守り通しますが、そこには「守るべきは何か」
を個人の責任で判断した上の覚悟が感じられます。
それに比べて、組織や権威の一員は、
自己の安定と保身だけが関心事で、
正当さや公正さには無関心です。
また、キュリー夫人にイギリスの隠れ家を
用意したのは、婦人参政権獲得運動で投獄
された人々の釈放を申請する運動を行っていた
イギリス人の女性物理学者で、キュリー夫人が
かつて協力した友人です。 
次に、2つ目のノーベル賞です。これは、
実は窮地にあるキュリー夫人を救う意図で
授与された、というのが定説です。
賞の受賞理由は「ラジウムとポロニウムの発見」
ですが、これは8年前の1つ目の受賞理由
「放射能の発見」と重なります。
実質的に一つの発見に賞を2つ出したと言えます。
その理由として、キュリー夫人が保守的な
フランスの科学アカデミー会員の一部に反感を
持たれていること、さらに、不倫スキャンダル
の火種がくすぶっていることから、
フランスの大衆的反感や因習的な権威筋の
嫌悪感によって、キュリー夫人がつぶされて
しまうのではないかと、国際的な科学者仲間が
危機感を強めていました。この科学者仲間が、
2つ目を急いで授与することで、
少しでも彼女を守ろう、と意図したという説が
あるのです。この真偽の程は明らかでは
ありませんが、私の個人的な想像では、
さらにもう一つ理由があります。
一つ目の受賞は夫ピエール・キュリーと
アンリ・ベクレルという男性2人との
共同受賞でした。ところが、当時、
女は男より論理的思考に劣る下等な存在で、
科学的才能がある筈がない、というのが
世の常識でした。そのためにキュリー夫人は
絶えず、「実際には男性2人の業績なのだが、
お情けで女性が名まえを付け加えてもらった」
という、根拠のない言いがかりに悩まされて
いました。キュリー夫人の優秀さをよく知り、
その言いがかりに一番憤っていたのは、
ほかならぬ、キュリー夫人と業績を競い合って
いる、当時第1級の優秀な男性科学者たちでした。
今度こそ、社会に対して誤解無しに、
キュリー夫人の業績を認めさせるようと、
彼らが、あえてキュリー夫人ただ一人に
賞を授与するよう運動したと思うのです。
そう考えて動いた科学者が誰かは
分かっていませんし、極秘に保たなければ
意味がないので、当の科学者たちが
名乗り出るはずもありません。
が、当時の世界的科学者は、そう行動して
おかしくない人たちが大半です。

以上、長々と書いてしまいましたが、
山尾議員、および山尾議員に協力しようと
するすべての個人にエールを送ります。
あなた方が頑張れば、
その分日本が良くなる希望が増えます。
csusukomさん)



醜悪なバッシングをした者たちは、
時がたてばそんなことはすっかり忘れてしまう。
だが、誰がどんな醜悪な態度を取り、
誰が困難に立ち向かう立派な態度を取ったかは、
全て歴史が審判する。
そのことを常に肝に銘じて、
後世に恥じない生き方を
したいものだと思いました。

トッキー

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ