ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
高森明勅
2017.10.7 22:00

三島由紀夫の「憲法改正」批判

安倍首相の自衛隊加憲論に接して、
三島由紀夫の「憲法改正」
批判を思い出す。

「憲法上、第1章と第2章とが到底民族的自立の見地から
融和すべからざるも
のであり、この民族性の理念と似而
非(エセ)
国際主義の理念との対立矛盾がエモーショナルな
国民の目前に、
はつきり露呈されることが何より緊要である。
このことはグロテスクな誇張を敢(あえ)てすれば、
侵略戦争の宣戦布告をする天皇と、
絶対非武装平和の国際協調主義との、
対立矛盾を明示せよといふのではない。
むしろその反対である。
もし現憲法の部分的改正によつて、
第9条だけが改正されるならば、
日本は楽々と米軍事体制の好餌(
こうじ)となり、
自立はさらに失はれ、日本の歴史・伝統・
文化は、
さらに危殆に瀕するであらう。
われわれは、第1章・
第2章の対立矛盾に目を向け、
この対立矛盾を解消することによつて、
日本の国防上の権利(
第2章)を、
民族目的(第1章)に限局させようと努め、
その上で真の自立と平和主義を、
はじめて追求しうるのである」
「問題提起〔日本国憲法〕」)。

今から半世紀ほど前、既に「米軍事体制」に
より深く組み込まれてしまう事態への危機感から、
憲法改正の“やり方”次第では
「自立はさらに失はれ、日本の歴史・伝統・
文化は、
さらに危殆に瀕するであらう」と、
警鐘を鳴らしていたのだ。

その危機を、我々は眼前に見ようとしているのかも知れない。

高森明勅

昭和32年岡山県生まれ。神道学者、皇室研究者。國學院大學文学部卒。同大学院博士課程単位取得。拓殖大学客員教授、防衛省統合幕僚学校「歴史観・国家観」講座担当、などを歴任。
「皇室典範に関する有識者会議」においてヒアリングに応じる。
現在、日本文化総合研究所代表、神道宗教学会理事、國學院大學講師、靖国神社崇敬奉賛会顧問など。
ミス日本コンテストのファイナリスト達に日本の歴史や文化についてレクチャー。
主な著書。『天皇「生前退位」の真実』(幻冬舎新書)『天皇陛下からわたしたちへのおことば』(双葉社)『謎とき「日本」誕生』(ちくま新書)『はじめて読む「日本の神話」』『天皇と民の大嘗祭』(展転社)など。

次回の開催予定

第94回

第94回 令和2年 12/6 SUN
14:00

テーマ: 「コロナ後のリベラル」

INFORMATIONお知らせ