ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.9 04:02日々の出来事

倉持氏の「リベラル的改憲論」について


昨日は睡眠不足で疲れが溜まりすぎていた。

今まで選挙で特定の個人に肩入れしたことなんかなかった

ので、政局の動きも含め、ストレスが溜まる。

 

「ゴー宣道場」の倉持麟太郎氏は「リベラル的改憲論」の

大風呂敷を広げて、少なくともこのくらいの条文を網羅

しなければ改憲にならないということを説明してくれた。

 

わしはひたすら参加者が理解できるかどうかが気になって

いたが、例え司法試験に通った弁護士でも、憲法について

ここまで分析している者はいないだろうから、わしも含め

素人が理解できなくても仕方がない。

 

それでもなお、倉持氏の改憲案が、従来、保守論壇で語ら

れてきたGHQ憲法へのルサンチマンから出発しているの

ではないということくらい、宇都くんの場外乱闘の報告

を聞くと、気づいた人は少なくないようだ。

 

明治の初期に、日本が国民国家を採用し、立憲主義を採用

した時点では、憲法の立法事実はリベラル的価値にあると

伊藤博文らも知っていただろう。

だがそれでも、天皇制との接合を考えざるをえなかった。

 

わしはグローバルな「個人」というのを信じてなくて、

もしそのようなあらゆる属性を削除した「個人」を根拠に

憲法が作れるなら、世界統一憲法でいいということになる。

 

世界統一憲法は無理である。

ナショナリズムが内包された個人(=公民)という基準

から憲法を作ると強調した方が、誤解を招かなくていいの

ではないか?

 

もちろん倉持麟太郎氏が「リベラル的改憲案」を披露した

ことは画期的なことであるし、現在の護憲派は立憲主義を

崩壊させる勢力にしかなっていないことを分からせねば

ならない。

護憲派も改憲派も、どこも立憲主義には適っていない

中で、倉持氏が「リベラル的改憲案」を出したことは、

偉業である。

 

これを第一弾として、「ゴー宣道場」では、さらに憲法改正

の議論を続けていく。

参加者は徐々に腑に落ちるようになっていくだろう。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ