ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.10 02:47政治

最悪のケースに向かっている


今回の解散総選挙は立憲民主党が大躍進となるのは間違いない。

立候補者が少なすぎたくらいだ。

 

大問題なのが希望の党で、大敗北を喫する可能性が高い。

希望の党の大敗北は、小池百合子ブームの終焉だ。

「排除する」があまりにも大失敗だった。

排除の論理が立憲民主党の旗揚げを産むのは論理的必然だ。

 

わざわざ野党を割ってしまったのは、小池百合子と前原誠司の

重大責任である。

小池百合子は今後、都議会においても地獄を見るしかない。

 

そして漁夫の利を占めるのが、驚くべきことに自民党である。

自民党は大勝利して、またもや安倍首相は運がいいと評価され、

安倍政権が延命することになるだろう。

 

安倍一強独裁はまだまだ続くことになる。

安倍首相は選挙の結果で、自分の悪もすべて信任されたと

胸を張り、野党が何を言おうが、批判だけしてるから、負ける

んですよと豪語することになるだろう。

ネトウヨは大喜びで、ますます排外主義と国民の分断が進んで

いくことになろう。

 

この最悪の結果を招いた戦犯は小池百合子と前原誠司である。

断頭台に上げねばならぬ二名である。

 

希望の党に行った政治家にも冬の時代が訪れる。

わが身可愛さに魂を売って安倍政権を延命させたと見られて、

勢力は痩せ細っていくだろう。

 

結局のところ、次の選挙のときには、立憲民主党がさらに

躍進して、自民と立憲の二大政党制に近づくことになる。

 

本当に安倍政権にはうんざりしたと思う国民は、投票コード

として、一に立憲民主党、二に希望の党の順番で入れねば

ならない。

希望の党があまりに議席を獲得できない結果になると、

その分、安倍政権の延命に手を貸すことになる。

一に立憲、二に希望、これしかない。

 

安倍政権さえ倒れれば、自民党がもっとリベラルになる。

わしは石破政権の誕生を望むが、そのためなら希望の党と

自民党が組んでもいい。

本気で安倍政権にはうんざりしたと思う国民が多ければ、

一に立憲、二に希望しかない。

だが、最悪のケースが待っているような気がしてならない。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ