ゴー宣ネット道場

BLOGブログ
小林よしのり
2017.10.20 23:28日々の出来事

山尾志桜里の演説で佐高信が号泣


昨日は山尾志桜里氏の応援に愛知7区に行ってきた。

クセの強い応援弁士ばかりだったが、最後の山尾氏の

演説があまりにも素晴らしかった。

あんな感動的な演説をする政治家は初めて見た。

 

政治家の演説なんて紋切り型で当たり障りのない

ポピュリズムに充ちたものだと思っていたが、誰もが

敬遠する消費税のことも堂々と述べるのに驚いた。

 

山尾氏は信念を持ったことしか言わないようにして

いるようだ。

それが大衆迎合にならず反発を受けるかもしれない

ようなことでも、山尾氏は言う。

同調圧力に屈しない性格がにじみ出ている。

 

相手より先に議論の土俵を作るという、生前退位の

戦いで経験した戦法は、わしの演説中で、来年は

間違いなく改憲の発議がされるから、もはや護憲だけ

訴えていても無駄だと言った内容の回答だ。

山尾志桜里なら間違いなく戦える。

 

選挙運動で票にならないと言われるマンションの前で

演説をして、ベランダからどんどん赤ちゃんを抱いた

母親が手を振ってくれたり、下に降りてきてくれたり

する体験を語った時には、感動して心が震えた。

 

ふと横を見ると、毒舌評論家の佐高信氏がメガネを

外して、ハンカチで涙を拭きながら、もはや号泣状態

だった。

それを見て笑いをこらえるのに必死になってしまった。

 

山尾志桜里の聡明さと、明るさは本当に凄い。

あれほど頭がいいのに、庶民的で情が深い。

単なる偏差値が高いだけの秀才女は、エリート臭が

ぷんぷんにおう漫画みたいな奴ばかりだが、

山尾氏は目線が徹底的に庶民のところまで降りてくる。

自分の賢さを国家国民のために活かすことを覚悟して

いる。

こういう人物こそが日本初の女性総理になるべきなのだ。

 

愛知7区の人々は例え嵐が来ようと山尾志桜里に投票

してほしい。

自分の選挙区でこれほど凄い女性が立候補しているのは

羨ましい。

わしなら人から投票用紙を100票くらい買い集めて

投票に行くがな。

あっ、これはAKBでしか出来ない戦法だった。

小林よしのり

昭和28年福岡生まれ。漫画家。大学在学中にギャグ漫画『東大一直線』でデビュー。以降、『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』などの代表作を発表。平成4年、世界初の思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。『ゴーマニズム宣言』のスペシャル版として『差別論』『戦争論』『台湾論』『沖縄論』『天皇論』などを発表し論争を巻き起こす。
近刊に、『卑怯者の島』『民主主義という病い』『明治日本を作った男たち』『新・堕落論』など。
新しい試みとしてニコニコ動画にて、ブロマガ『小林よしのりライジング』を週1回配信している。
また平成29年から「FLASH」(光文社)にて新連載『よしりん辻説法』、平成30年からは再び「SPA!」(扶桑社)にて『ゴーマニズム宣言』、「小説幻冬」(幻冬舎)にて『おぼっちゃまくん』を連載開始し話題となっている。

次回の開催予定

第93回

第93回 令和2年 11/8 SUN
14:00

テーマ: 「愛子皇太子の可能性」

INFORMATIONお知らせ